「試合を“壊す”ために久保を犠牲にするつもりだ」対戦するマドリー贔屓のメディアがエメリ監督を痛烈に皮肉る!

「試合を“壊す”ために久保を犠牲にするつもりだ」対戦するマドリー贔屓のメディアがエメリ監督を痛烈に皮肉る!

2020.11.21 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間11月21日に開催されるラ・リーガ第10節で、久保建英が所属するビジャレアルは、王者レアル・マドリーとホームで対戦する。日本の19歳にとっては、“保有元”との一戦であり、格好のアピールの場だ。


 ただ、久保が日本代表のオーストリア遠征に参加していたことなどもあり、スペイン・メディアの多くはベンチスタートを予想している。26日にはヨーロッパリーグも控えており、そちらでスタメン起用される可能性が高い。


 そんななか、独自の見解を展開したのがレアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』だ。これまでも、マドリーが抱える“宝石”をなかなかスタメンで起用しようとしないウナイ・エメリ監督を批判してきた同メディアは11月20日、このスペイン人指揮官が「試合を壊すために。久保をベンチスタートにさせるだろう」と報じた。


 記事によれば、エメリ監督のマドリー戦の戦績は22試合で5勝1分け16敗、32得点56失点と「悲惨な結果」で、これを改善するために、敵を封じ込めるために闘えるメンバーを選び、「試合を台無しにするつもりだ」と指摘。90分間、マドリーが快適にプレーできないように可能な限りのことをするために、「クボが犠牲になる」と皮肉っている。


 いずれしても、ベンチスタートが濃厚だが、これまで公式戦12試合にすべて出場しているように、指揮官はどこかで必ず16番を投入してくるだろう。敵将ジネディーヌ・ジダン監督の前で結果を残せれば、マドリー復帰に向けてこれ以上ないアピールになるのは間違いない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事