63分までプレーした久保建英、PK主張も認められず…ビジャレアルは連勝ストップでGS突破決定ならず【EL】

63分までプレーした久保建英、PK主張も認められず…ビジャレアルは連勝ストップでGS突破決定ならず【EL】

2020.11.27 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間11月26日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節で、久保建英が所属するビジャレアルが、イスラエルのマッカビ・テルアビブと敵地で対戦した。


 週末に行なわれた保有元のレアル・マドリー戦(ラ・リーガ第10節)で、終盤の89分からしか出番が与えられなかったこともあり、冬に退団する可能性が報じられた久保は、ELでは4試合連続のスタメン入りを果たした。


 試合は序盤からEL3連勝中のビジャレアルがボールを支配するものの、なかなかチャンスを創出できない。流動的ながら、4-3-3の左ウイングに入った久保も、最後の局面での精度を欠き、見せ場を作れない。


 ようやく均衡を破ったのは前半終了間際の45分だった。エリア内でバッカの絶妙なパスを受けたMFバエナが落ち着いてネットを揺らし、先制ゴールを奪う。


 しかし、後半に入ると盛り返したホームチームの反撃に遭う。開始早々の47分にペシッチのゴールで追い付かれると、59分にもカウンターからピンチを招くも、敵のシュートミスに助けられる。


 その直後の60分には久保がペナルティエリア内で倒され、ファウルをアピールしたものの、PKは獲得できなかった。


 流れを取り戻そうと、ウナイ・エメリ監督は64分に4枚替えを敢行。久保もお役御免となり、ジェラール・モレーノと代わってベンチに下がる。


 ビジャレアルは、そのジェラールが惜しいシュートを放つが、ポストに嫌われる。終盤に相手に退場者が出たものの、勝ち越し点は奪えず、試合は1-1で終了。連勝は3でストップし、決勝トーナメント進出決定は次節に持ち越しとなった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事