三好康児先発のアントワープが、アウェーでLASKに2発完勝! グループJ暫定首位に浮上【EL】

三好康児先発のアントワープが、アウェーでLASKに2発完勝! グループJ暫定首位に浮上【EL】

2020.11.27 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間11月26日、ヨーロッパリーグのグループステージ第4節が各地で行なわれ、日本代表MF三好康児が所属するアントワープは、アウェーでオーストリアのLASKと対戦した。


 前節はアントワープが0-1で敗れたこのカードで、三好は3-4-3の右サイドハーフで先発。アウェーチームは前半から積極的に攻撃を展開して主導権を握る。三好もら積極的にボールに絡む。前半だけでもセットプレーから何度か絶好機が生まれるが、シュートがポストに弾かれるなど、得点には結びつかない。


 対するLASKも攻め手を欠き、エリア外からのミドルシュートも積極的に放つなど打開を試みるが得点を奪えず。前半はスコアレスで折り返す。


 迎えた50分、LASKのトラウラーが、スピードに乗ってエリア内に切り込んできたリットチエ・デ・ラートを足をかけて倒してしまい、一発レッドに。ファウルされた場所がギリギリエリア外だったのでPKとはならなったが、直接FKをライオル・ラファエトロフが蹴り込んで、アントワープが先制&アウェーゴールを奪うことに成功する。


 その後は数的有利なアウェーチームがボールを支配する時間帯が続く。三好は攻守に走り回ったのち、81分にピッチを退いた。アントワープは83分、三好と交代で入ったジョーダン・ルカクのアシストから、ピーター・ジェンキンスがヘディングシュートで、追加点を奪うことに成功した。


 試合はそのまま2-0で終了。アントワープはこの勝利で勝点を9に伸ばし、グループJの単独暫定首位に浮上した。GS第5節は12月3日、ルドゴレツとホームで対戦。10日GS最終節では、トッテナムとアウェーで対戦する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事