「チュクウェゼとの競争に敗れ…」EL先発の久保建英に手厳しい評価。現地紙が指摘した問題点は?

「チュクウェゼとの競争に敗れ…」EL先発の久保建英に手厳しい評価。現地紙が指摘した問題点は?

2020.11.27 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間11月26日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第4節で、久保建英が所属するビジャレアルが、イスラエルのマッカビ・テルアビブと敵地で対戦。前半終了間際にアレックス・バエナのゴールで先制したものの、後半早々に追い付かれ、1-1のドローに終わった。


 週末に行なわれた保有元のレアル・マドリー戦(ラ・リーガ第10節)で、久保は試合終盤の89分からしか出番が与えられず、ウナイ・エメリ監督への批判や退団報道が巻き起こった。そんななか迎えたこの試合で、ELでは4試合連続のスタメン入りを果たし、左ウイングで63分までプレーしたものの、シュート0本に終わるなど、見せ場を作れなかった。


 現地紙『MARCA』は、「周囲が主張するように、クボにとって、もっと多くの出場機会を得るのに値することを示すには良い日だった。だが、そうはならなかった」とし、「彼は目の前にいるカンディルに冷静に抑え込まれ、脅威を与えたのは遅れたファウルを誘ってイエローカードを獲得したシーンぐらいだった」と手厳しかった。


 また、星1つ(3つが最高)と同じく低評価だった『AS』紙も、久保に現状について問題点を指摘している。


「右ウイングで出られるのはひとりだけで、ビジャレアルではそのポジションを巡って熾烈な競争がある。クボは、チュクウェゼが彼との争いを制した右サイドよりも左サイドの方が輝きが少ない」


 好調だったELでも結果を残せなかった久保。厳しいポジション争いが続くが、限られた出場時間でアピールしていくしかない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事