「ずっと対戦したかった選手が…」五輪世代・鈴木冬一はなぜスイス移籍を決断したのか?【インタビュー/前編】

「ずっと対戦したかった選手が…」五輪世代・鈴木冬一はなぜスイス移籍を決断したのか?【インタビュー/前編】

2021.1.8 ・ 日本代表

シェアする

 昨年の12月14日にスイス1部の昇格クラブ、ローザンヌ・スポルトへの完全移籍が決定した鈴木冬一。湘南ベルマーレで高卒1年目から出場機会を掴み、東京オリンピックの代表候補にも名を連ねている20歳は、なぜこのタイミングで初の海外挑戦をする決意をしたのか――。決断の理由と今後のビジョンについて話を訊いた。


―――◆―――◆―――


――まず、このタイミングで海外移籍を決断した理由を教えてください。

「大きな理由があったというよりは、サッカー始めた時からずっと海外でやりたいと思っていたので、話が来たら行きたいなと。それがたまたまこのタイミングだったという事ですね」


――他のクラブからもオファーがあった? ローザンヌ・スポルトに決めた理由は?

「オファーまではいかないですけど、興味を持ってくれたクラブはありました。ただ、ローザンヌが先に正式なオファーをくれたので、迷いなく決めました」


――スイス・サッカーの印象は?

「僕はセレッソの下部組織にいたので、先輩の柿谷(曜一朗)選手がバーゼルでプレーするのは見ていましたし、久保裕也選手もヤングボーイズにいましたよね。スイスのサッカーの特徴とかは正直あまり分からなかったですが、話をもらってからローザンヌの試合をチェックしました。


 シンプルというか、後ろから繋ごうとはするんですけど、前にボールをつけて他の選手がどんどん追い越してゴール前に人数をかけて得点を狙っていくスタイルのチームなので、そういったサッカーに適したプレーをしたいですね。バーゼル戦では、技術が高くて上手い選手が前にいる相手に、いい勝負をしていた。僕が入って、バーゼルやヤングボーイズのような上位チームに勝てるようなプレーをしたい」


――東京オリンピックの前に環境を変えることに迷いや不安はなかった?

「正直、オリンピックのためにプレーしている訳ではありません。もちろん選ばれたら光栄ですけど。海外でも日本でも、チームで活躍すれば、自ずとオリンピック代表の選出にも繋がると思うので、まずは自分のチームで活躍する事が一番の目標です」

 ――移籍を決めるに当たって、誰かに相談は?

「相談というより、少し話が進んでから、家族にこういう話があると伝えました」


――ご家族の反応は?

「父が次の日に『ちょっとパスポートを取ってくるわ』と言って、早速申請をしに行ってましたね(笑)」


――(長崎総科大附高時代の恩師である)小嶺(忠敏)監督から言葉などは?

「ベルマーレから正式発表される前日に電話をさせてもらって、『スイスのローザンヌというチームに行きます』と伝えました。何を話したかあまり覚えていないですが、『自分らしくやってこい』と声を掛けてくれました」


――1年間指導を受けた小嶺監督は、どのような存在?

「人生の厳しさとか人間性の大切さを学びました。サッカーの事より人間性の事をずっと言われていわれましたね。小嶺先生は高校を卒業してすぐプロになるというより、セカンドキャリアの事を考えて大学に行ったほうが良いと考えていて、僕が高卒でプロになりたいと伝えた時も、初めは進学を勧められました。ただ、僕もプロになるという事しか考えてなかったので、最後は先生が折れて納得してくれました。長崎での1年間は、きつい事の方が多かったですが、小学校、中学校、高校と歩んできた学生時代の中で、一番思い出に残っています」

 ――同時期に海外移籍が決まった同僚の齊藤未月選手(ロシアのルビン・カザンへ)と話は?

「シーズンが終わる少し前だったので、お互いに『決まったなー』と。具体的な話は特にしなかったですけど、『怪我なく頑張ろう』みたいな話をしました」


――(昨年12月20日に行なわれた)移籍会見で昔から海外志向があったとおっしゃっていました。何歳ぐらいから?

「小学1年生からチームに入って本格的にサッカーを始めたんですが、その時からメッシ選手が好きで、対決したいという目標を持ってやってきました。それが海外でプレーしたいと思った最初のキッカケですね」


――では、将来的にはラ・リーガでプレーしたい?

「メッシ選手がいる間に行きたいですし、対戦もしてみたい。それが難しくても、ラ・リーガでプレーしてみたいですね」


――他のリーグよりもやはりラ・リーガですか?

「そうですね。理由はメッシだけではなくて、高校生の時にスペインに遠征に行って感じた事とかも含めて、一度はラ・リーガでやってみたいですね」

 ――ローザンヌは、鈴木選手のどんな部分を買ってオファーをくれた?

「上下動の動きと左足のキックの精度を高く評価してくれているという事でした」


――では、スイスでアピールしたいのは足下やキックの技術?

「そうですね。日本には本当に技術が高い選手が多いですけど、その中でも自信があると思っているので、そこは一番出したいなと。左利きというのも特別だと思うので、アピールしていきたいですね」


――多国籍なチームですが、言葉やコミュニケーションに不安は?

「いまフランス語を勉強しているんですけど、何とかやっていけそうです。言葉が通じなくても分かる事はあると思いますし、チームに溶け込むのも言葉が喋れるようになるのも自分次第。初めは戸惑う事が多いと思いますけど、一日でも早く慣れるように努力をしていきたいですね」


――フランス語は具体的にどのような形で勉強している?

「フランス人の先生に、オンラインで週に3~4回、1時間教わっています。フランス語は単語単体で話すことがあまりないらしくて、フレーズを教わって、次回までに全部暗記してきてください、みたいな。音源も送ってもらって音楽を聴くような感覚でフランス語を聴いています」

 ――東京五輪に向けた、(12月下旬に行なわれた)今回のU-23代表のトレーニングキャンプに選ばれませんでした。

「チームで試合に出ていなかったので、選ばれる理由がないです。悔しいとかではなく、当然だろうなと。もしコンスタントに試合で出ていて選出されなかったら、悔しいという気持ちになったかもしれませんが、自分が監督でも選ばないですね」


――U-23代表で最後にプレーしたのは19年12月のジャマイカ戦です。

「(19年11月の)広島合宿で初めて代表に呼ばれ、その時はけっこう緊張していたんですけど、2回目の時は一度会った選手たちも多かったので、だいぶリラックスして合宿に挑めました。スタメンで出る事はできなかったですけど、ピッチに立ったら結果や存在感を出したいと思っていました。あの試合で自信もつきましたし、クラブで活躍してたらこれからも選ばれると思う。同年代の選手たちと一緒にやりたいという気持ちは強いですね」

(後編は1月10日に公開予定です)


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事