「映像を見たら、何もやっていなかった(笑)」スイス移籍の鈴木冬一が語る、イングランド代表の逸材とのマッチアップ【インタビュー/後編】

「映像を見たら、何もやっていなかった(笑)」スイス移籍の鈴木冬一が語る、イングランド代表の逸材とのマッチアップ【インタビュー/後編】

2021.1.10 ・ 日本代表

シェアする

 サッカーダイジェストでは、スイス1部のローザンヌ・スポルトへの完全移籍が決定した鈴木冬一にインタビューを実施。その後編では、いまや欧州のビッグクラブで活躍する逸材と対戦した過去の世界大会や、2年間を過ごした湘南ベルマーレについて話を訊いた。



―――◆―――◆―――


――(リオネル・)メッシが好きということでしたが、参考にしている選手はいますか?

「参考にしてるというか、レアル・マドリーのマルセロ選手のようになりたいですね。誰もが予想できないようなプレーしたり、サイドバックで圧倒的な技術を発揮したりする選手を目ざしています」


――サイドバック、ウイングバックとして固まってきたのはいつ頃から?

「(17年の)U-17ワールドカップの時は左サイドバックで出たんですけど、その2か月前ぐらいの代表合宿でサイドバックをやってみろと。それで、なかなか良いということになって、そこからですね。セレッソでも、長崎でもずっと前のほうをやっていたんですが、代表に行ったらサイドバックみたいな感じでした」


――そのU-17ワールドカップでは、イングランドのフィル・フォデン(マンチェスター・シティ)やカラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)と対戦しています。いまプレミアリーグのビッグクラブでプレーしている選手たちと対戦して世界との差を感じた?


「あの試合は、たぶん今までで一番と言ってもいいぐらい鮮明に覚えてて、とにかく楽しかった。同年代のトップレベルの選手たちと互角にやり合って、(0-0でPK戦の末に)負けてしまったんですけど、戦えた手ごたえがあったので凄く印象に残っています。あの時に対戦した選手たちがどんどん世界で活躍するようになって、すごく刺激も受けますし、もう一度対戦して、次は勝ちたいですね」


――フォデンとマッチアップしたのも覚えている?

「もちろん。けっこう中にポジションを取ってきたので、1対1でずっとマッチアップしてる感じではなかったんですけど、ロングスプリントではなく、一瞬のスピードが速かったというイメージが強いですね。技術ももちろん高かった」


――大きな差を感じた訳でもなかった?

「試合中はそうでしたね。ただ、後から映像を見たら、俺ら全然何もやっていなかった(笑)。守ってたから自分たちができているんじゃないかと思ってましたけど、映像で見たら全然ダメでしたね」


――19年のU-20ワールドカップでは、メキシコ代表の(ディエゴ・)ライネスとマッチアップしました。

「もちろんライネスやすごい選手ともやりましたけど、同年代のトップクラスは、あの大会には出ていなかった。U-17の時のほうがすごい選手が揃っていたので思い出深いですね。もちろんU-20でも良い経験をして、改めて世界でやりたいという気持ちが残った大会でした」

 ――改めて、湘南での2年間を振り返ると?

「プロサッカー選手として初めに入ったクラブなので、プロとしての厳しさや規律を教わりました。2年間で監督が代わったり、昨シーズンはプレーオフで残留したり、今季はコロナウイルスの影響で異例なシーズンだったりと、いろいろなことを経験しました。この2年間で臨機応変さが改めて試されましたし、すごく学んだ部分かなと思います。今回の移籍へ後押しもしてくれましたしクラブへは感謝しかありません」


――湘南時代で、もっとも印象に残っていることは?

「昨シーズンの(徳島ヴォルティスとの)プレーオフですね。Jリーグの33節のサンフレッチェ広島戦でイエローカードをもらって、最終節に累積で出られなくなったんですよ。広島戦が終わった瞬間にめっちゃ泣きましたね。本当に申し訳なくて……。最後の松本戦で勝てば残留が決まる状況で、最後に追いつかれてプレーオフに行ったんですが、もう一度出番がやってきたので『やってやる』という気持ちでした」

 ――プレーオフは相当プレッシャーがかかっていたのでは?

「先制されたんですけど、あの時は不思議とヤバいな、という感じはなくて、みんな冷静で、やれるぞみたいな雰囲気がチーム全体に流れていました。最後に追いつけたのも、みんなの気持ちが一つの方向を向いていたからなのかなと思います。監督交代などもありましたが、あの試合に関しては、そのシーズンで一番良い雰囲気でプレーできました」


――最後に新天地での抱負を聞かせてください。

「国内移籍だったら、コミュニケーションをとってすぐ馴染めてたかもしれないですけど、知らない国で言葉も通じない状態でプレーするのは、臨機応変さや順応力が試されると思う。20年間生きてきた自分を信じて、結果が出せるように頑張ります」


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事