「カガワの扱い方を誤った」“香川真司を切った男”をサラゴサ地元紙が糾弾! まさかの降格危機に…

「カガワの扱い方を誤った」“香川真司を切った男”をサラゴサ地元紙が糾弾! まさかの降格危機に…

2021.3.7 ・ 日本代表

シェアする

 昨シーズンに香川真司(現PAOK)がプレーしたサラゴサは、スペイン2部で下位に低迷している。27節終了時点で降格圏の19位サバデルと同勝点(27)の18位。3位で進出した昇格プレーオフで敗れた昨シーズンのリベンジを目指していたチームにとっては、受け入れ難い結果だ。


 当然、クラブの上層部にはファンやマスコミから厳しい声が飛んでいる。地元のスポーツ紙『Sport Aragon』は3月4日、シーズン途中でチームを去った元スポーツディレクターのラロ・アランテギとその後任のミゲル・トレシラによるチーム作りを糾弾。「アランテギのチームのスカッドは良くなかったが、トレシラ主導の冬の移籍もまた失敗した」と批判した。


 そして、前任のアランテギの失敗のひとつに「香川の扱い方」を挙げている。


「元サラゴサのSDは、カガワの状況を適切に管理できなかった」



  サラゴサは香川と2021年6月までの契約を結んでいたにもかかわらず、今シーズンのEU圏外選手の登録から外し、事実上の戦力外とした。それを主導したのが、「外したのは(高額な)年俸の問題ではなく、クラブが満足するレベルになかったからだ」と語ったアランテギだった。


 退団発表後の会見で、「違う形で別れを告げたかった。だから悲しい。クラブの決断は受け入れるのも、理解するのも、難しいものだった。少し苛立ちも感じる」と胸の内を明かした香川は、さぞ無念だったことだろう。


 しかも、香川の代わりにEU圏外選手として登録された2人は鳴かず飛ばず。有望な若手はレンタルに出してしまい、補強も失敗と目も当てられない状況だ。SD交代も奏功せず、低迷するサラゴサは、2部B(実質3部)への降格を回避することができるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事