モンゴルとの圧倒的実力差で手薄ポジションの検証は持ち越し? キャプテン吉田も「まだまだ足りない」と厳しい目線

モンゴルとの圧倒的実力差で手薄ポジションの検証は持ち越し? キャプテン吉田も「まだまだ足りない」と厳しい目線

2021.3.31 ・ 日本代表

シェアする

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代の2015年6月には、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)2次予選で格下・シンガポール相手にシュート23本を放ちながら0-0という大苦戦を強いられたことがあった日本。あれから6年が経ち、2022年カタールW杯を目指す今回のチームは30日、同じステージで大量14得点を奪ってモンゴルを粉砕した。


 コロナ禍で本来、ウランバートルで行なわれるはずの試合が千葉・フクダ電子アリーナでの無観客で開催されたこと、モンゴルの代表公式戦が400日も空いたこと、相手が人数をかけて自陣を固めずアグレッシブに戦ってきたことなど、大差がついた要因はいくつかある。だが、格下相手の公式戦でここまでのゴールラッシュはそうそう見せられない。


「相手どうこうよりも、最後まで自分たちがどういうサッカーができるか、最後までしっかり戦い抜けるかってところにフォーカスした。交代選手もどんどん前に行く姿勢を見せたし、しっかり90分戦えた」と途中からキャプテンマークを巻いた遠藤航(シュツットガルト)も話した通り、「特別な環境下での国際試合で全力を出し切ろう」という意識をチーム全体が持ち続けたことが大きかった。


 実際、この試合では松原健(横浜)、中谷進之介、稲垣祥(ともに名古屋)が初キャップを飾り、守田英正(サンタクララ)、稲垣、古橋享梧(神戸)が代表初ゴールを挙げた。



「いろんな選手がまんべんなく点を取ったのはそれぞれによかった」と吉田麻也(サンプドリア)も前向きに評したが、森保監督の狙いだった国内組中堅世代の底上げ、経験値向上は一応、叶う形にはなった。


 しかしながら、新戦力が本当に最終予選やW杯本大会で戦えるかというのは評価が難しい。修羅場の経験が豊富な吉田も「最終予選に入ってからが本当の戦い。今のチームの成熟度を評価するのは難しいし、まだまだ足りないと思います」と厳しい目線で語っていた。そういう意味で、今シリーズで注目していたサイドバック(SB)、ボランチ、FWの3つの手薄なポジションの穴埋めが完璧にできたとは言い切れないところがある。

  とりわけFWは、モンゴル戦で代表戦初のハットトリックを達成した大迫の最前線での存在感が圧倒的で、「ポスト大迫」探しのハードルが一段階上がったように映る。森保監督はセルビアで今季16得点の浅野拓磨(パルチザン)を招集したが、スピードスターの彼はやはり背後に抜け出す選手。タメを作れるわけではない。それは鈴木武蔵(ベールスホット)にしても同じ。U-24世代にも同じ役割を果たしてくれそうな人材は今のところ見つからない。


 だからこそ、吉田は「サコはアジアトップ3のFW」と評するのだろうが、大迫依存症は今後も続きそうだ。彼が所属クラブで苦境に陥っていても、これだけの仕事を果たせることを確認できたのは収穫と言えるが、先々の代表を考えると不安は募る。

 右SBに関しては、南野拓実(サウサンプトン)の先制弾をアシストした松原が中に絞って攻撃参加する形がよく出て、山根視来(川崎)とは違ったオプションをもたらした。彼らの活躍が欧州組の酒井宏樹(マルセイユ)と室屋成(ハノーファー)に危機感を与えたのもポジティブな点と言っていい。しかしながら、昨年11月に対峙したメキシコのような格上相手になれば、より高い守備力や球際の強さが求められる。そのレベルで松原と山根が十分通用するかを図ることはできなかった。


 それは左SBの新戦力・小川諒也(FC東京)にしても同様だろう。モンゴル戦の彼は、レフティの強みを生かして高い位置から再三再四、精度の高いクロスを蹴り込み、攻撃面で脅威になっていた。が、それはあくまでモンゴルという相手の話。世界トップ選手を次々と止めてきた長友佑都(マルセイユ)の領域にいきなり辿り着くわけではない。6月のインターナショナルマッチデー(IMD)も延期された2次予選が入るため、強豪相手のテストマッチは組めず、彼らがギリギリの経験をするチャンスはほぼない。「ポスト長友&酒井宏樹」のメドをつけられないまま、最終予選突入を強いられるのは間違いなさそうだ。

  FW、サイドバックの2ポジションに比べると、ボランチは選手層の厚みが増した印象だ。2戦連続先発した守田はモンゴル戦でも遠藤といい距離感を保ち、両サイドへ巧みなパス出しも見せていた。さらには機を見てゴール前へ飛び出していく推進力、得点力も光った。そこは今回選外となった柴崎岳(レガネス)にはない部分。稲垣もそこを強みとしている選手で、彼らが加わったことで、「柴崎依存症」と言われた2019年段階の状況からは脱しつつある。


 ただ、逆に遠藤航の進化が凄まじい分、彼が不在のチームが考えられなくなってきた。遠藤自身が「同タイプで感覚的に近い」と認める守田がポルトガルでグングン成長し、ブンデスリーガ・デュエル王と同等レベルの球際やボール奪取力を身に着け、力強さを発揮できるようになれば、彼らを併用することもできるようになる。まずは守田の今後の成長に注目したいところだ。

 日韓戦3-0、モンゴル戦14-0の2連勝はコロナ禍での代表戦強行開催の大きな収穫だが、ぬか喜びは禁物だ。つねに世界基準を見据えながら選手個々がレベルアップに努めていくしか、W杯8強の壁を破る方法はない。「手薄なポジション」と目されるところにいる選手たちの奮起を期待したい。今回の守田が2か月で激変したように、次回IMDまでに急成長を遂げる選手が次々と出てきてほしいものである。


取材・文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事