日本も無縁ではない!久保&南野ら代表経験者5名がワールドカップ“締め出し”の可能性…欧州スーパーリーグ構想の余波

日本も無縁ではない!久保&南野ら代表経験者5名がワールドカップ“締め出し”の可能性…欧州スーパーリーグ構想の余波

2021.4.20 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間4月18日に創設が正式発表された、欧州スーパーリーグ(ESL)は、欧州のみならず、サッカー界に大きな影響を及ぼしそうだ。


 欧州サッカー連盟(UEFA)によるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の運営に不満を持った有力クラブ間で話し合われ、10年以上前からその構想は伝えられていたが、実際に12クラブが正式に参加のリリースを発表したことで大きく動き出した。


 プレミアリーグからは“ビッグ6”と呼ばれるアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、セリエAからはインテル、ミラン、ユベントス、ラ・リーガからはレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが参戦。さらに、詳細は未定だが、新たに3クラブが加わる見込みだという。


 実施される際には上記12プラス3チームを固定とし、前シーズンの成績に応じて5クラブを加えた20チーム制になるようだ。


 しかし、このリーグが実現すれば、既存のUEFA主催のCL、ヨーロッパリーグ(EL)との“衝突”は避けられない。


 UEFAは「フットボールは開かれた大会であり、スポーツの基盤となる価値を重んじている。そのほかの形にはなることはない。FIFAと連盟はすでに、ESLに参加するクラブは、国内、ヨーロッパ、国際大会に参加できなくなること、選手も代表チームでプレーできなくなることを通知した」とイングランド、スペイン、イタリアの各連盟と共同声明を出し、国際サッカー連盟(FIFA)からの締め出しも辞さない構えだ。

  これは日本代表も無縁ではない。


 それぞれレンタル先のクラブでプレーするものの、関係する選手が4人いる。日本代表の主軸とも言える南野拓実はリバプール、久保建英はレアル・マドリー、また、マンチェスター・シティは、先日の東京五輪世代、U-24代表でもプレーしてた板倉滉と食野亮太郎の保有権を持つ。


 さらに、下部組織ながらバルセロナBでは2019年のコパ・アメリカでA代表経験を持つ安部裕葵がプレーしている。どの選手もビッグクラブのお眼鏡にかなった選手だけに、日本にとっては貴重な戦力だ。


 今後どのような決着となるか現時点では不明だが、久保、南野をはじめとする選手たちが日本代表としてプレーできない可能性も捨てきれない。


 実際にプレーする選手以外にも多くの保有権を持つ世界に名だたるビッグクラブが中心のESL構想。その影響は世界規模となりそうだ。



構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事