「どこへ行ってもマリノスの誇り」ウニオン完全移籍の遠藤渓太にエール続々!行けるとこまで突っ走れ!」

「どこへ行ってもマリノスの誇り」ウニオン完全移籍の遠藤渓太にエール続々!行けるとこまで突っ走れ!」

2021.4.30 ・ 日本代表

シェアする

 J1の横浜F・マリノスは4月30日に、ドイツの1.FCウニオン・ベルリンに期限付き移籍中だった遠藤渓太の同クラブへの完全移籍を発表した。同日、遠藤は自身の公式ツイッターを更新。「マリノスが大好きです!本当にありがとうございました!」とメッセージを綴った。


 ツイッターでは下部組織時代や2019年のリーグ優勝、ファン感謝祭などメモリアルなショットを公開。愛すべきクラブでのかけがえのない思い出を振り返っている。


 この投稿には多くのコメントやエールが寄せられた。


「寂しさと嬉しさ半分。行けるとこまで突っ走れ!!」

「どこへ行ってもマリノスの誇り」

「ぜひドイツでも圧倒的後輩力を発揮してください!」

「ずっと応援しているよーーー!!」

「いつかはマリノスに胸を張って凱旋を!!」

「泣かせないでよ!笑」


 今季はここまで14試合に出場し、1ゴールをマーク。東京五輪世代の期待のアタッカーのさらなる飛躍に期待したい。

  横浜の公式HPに掲載されたコメントは以下のとおり。


「この度、ドイツの1.FCウニオン・ベルリンに完全移籍をすることになりました。スクールからプロ生活までの16年間、人生の大半をF・マリノスで過ごしました。僕はF・マリノスの育成組織含め、他のクラブに移籍をすることなくF・マリノスでプレーさせていただきました。このクラブで育ったんだと自信を持てることですし、自分にとっては一生の誇りです。これまで僕に関わってくださった方々、応援してくださった方々には感謝の気持ちしかありません。いつの日かまた日産スタジアムでプレー出来れば幸せです。

本当に横浜F・マリノスが今もこれからも大好きです!まだドイツで何一つ結果を残せていないので、活躍を届けられるよう自分で決めた道で頑張りたいと思います。」


構成●サッカーダイジェストweb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事