W杯アジア2次予選の残り6試合は日本でのセントラル開催に。フクアリ、パナスタ、ヤンマーで

W杯アジア2次予選の残り6試合は日本でのセントラル開催に。フクアリ、パナスタ、ヤンマーで

2021.5.13 ・ 日本代表

シェアする

 日本サッカー協会は5月13日、FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選グループFの残り6試合は、日本でのセントラル開催を予定していることを発表した。


 予定されているスケジュールは以下のとおり。


[5月28日(金)]

▼日本対ミャンマー@フクダ電子アリーナ キックオフ:19:20(予定)※無観客試合にて実施

テレビ放送:日本テレビ系にて全国生中継/NHK-BS1にて全国生中継


[6月7日(月)]

▼日本対タジキスタン@パナソニックスタジアム吹田 キックオフ:19:30(予定)

テレビ放送:TBS系列にて全国生中継/NHK-BS1にて全国生中継

▼キルギス対モンゴル@ヤンマースタジアム長居 キックオフ:16:00(予定) 

 [6月11日(金)]

▼ミャンマー対キルギス@ヤンマースタジアム長居 キックオフ:16:00(予定) 


[6月15日(火)]

▼日本対キルギス@パナソニックスタジアム吹田 キックオフ:19:25(予定) 

テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)/NHK-BS1にて全国生中継

▼タジキスタン対ミャンマー@ヤンマースタジアム長居 キックオフ:19:25(予定) 


 なお、入国許可などについては、今後政府との調整が必要となる。6月7日以降の開催試合における来場者数については自治体のイベント方針に従い決定する。


構成●サッカーダイジェストweb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事