「日本にとっては初失点だが、我々には…」タジキスタン指揮官が語る、“ビッグチーム”から奪った1点の重み

「日本にとっては初失点だが、我々には…」タジキスタン指揮官が語る、“ビッグチーム”から奪った1点の重み

2021.6.7 ・ 日本代表

シェアする

 タジキスタン代表は6月7日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選で日本代表と、パナソニックスタジアム吹田で対戦。0-1の9分には、右サイドからのクロスにエフソン・パンシャンベがヘッドで同点弾を叩き込んだが、以降は失点を重ね1-4で敗れた。



 試合後、記者会見に出席したウスモン・トシェフ監督は、今回の一戦を振り返るとともに、自軍の問題点をこう明かしている。


「私たちは良いプレーをするようにトライしたが、良いプレーが出来たところもあれば、そうではないところもあった。我々にはたった1つ、大きな問題がある。それは経験が少ないということ。若いチームだからだ。これから2年、2年半くらいかけて経験を培っていく必要があるね。ただ、今日は本当にビッグチームで、豊富な経験を持つチームと戦うことができた」

  今回奪ったゴールは、対戦国の日本にとっては同予選で7試合目にして、初の失点となった。これには「今後のモチベーションになる」と、小さくない手応えを示している。


「もちろん1点奪うことができたのはとても良いこと。どの試合でも1点2点3点と、ゴールを挙げるのは素晴らしいことだ。


 日本にとって今回の1点はこの2次予選での初失点となる。我々にとっては素晴らしいゴールだったと思う。次の試合でモチベーションが上がる要素となる」


 タジキスタンは、15日にグループステージのラストゲームでミャンマーと、ヤンマースタジアム長居で対戦する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事