「日本が完璧な記録をキープ」AFC公式が森保ジャパンの快進撃を称賛!「幸運なことに…」

「日本が完璧な記録をキープ」AFC公式が森保ジャパンの快進撃を称賛!「幸運なことに…」

2021.6.7 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対タジキスタン代表が6月7日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本が4-1で勝利を収めた。


 この勝利を、アジア・サッカー連盟(AFC)も速報し、「サムライブルーはタジキスタン代表に4-1で快勝し、グループFでの完璧な勝利の記録をキープした」と称えている。


 予選初となった失点については「マヌチェル・サファロフの絶妙なクロスに、エフソン・パンシャンベが頭で合わせGK権田修一をかわしてシュートを決めた」と記した一方、「先制点の古橋(享悟)に続いて、日本のアジア予選7試合連続ゴールを南野が決め、橋本(拳人)、川辺(駿)らがチームを勝利に導いた」と伝えている。

  特に、4点目となった川辺のゴールについては「3点目がDFを崩したお手本のようなゴールだったとすれば、意外性に満ちていた」と評している。


「GKルスタム・ヤティモフがDFへのパスをミスしたため、川辺にボールが渡った。おそらく、彼は自分の幸運を信じられない気持ちで受け入れながらも、冷静にがら空きのゴールにボールを流し込んだのである」


 五輪代表組が抜け、大迫勇也の負傷などで目新しいメンバーで大事な一戦に臨んだ森保ジャパンだが、勝利を収めたことは高く評価されている。アジア2次予選は、キルギスとの残り1試合。AFC公式は「日本の手堅さは揺るがないだろう」と綴っている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事