「うまくいかない時間帯があった」日本代表、橋本拳人が川辺駿との“新ボランチコンビ”の出来に苦い表情

「うまくいかない時間帯があった」日本代表、橋本拳人が川辺駿との“新ボランチコンビ”の出来に苦い表情

2021.6.7 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表での初ゴール。それでもMF橋本拳人の試合後の表情は暗かった。


 日本は6月7日にワールドカップ・アジア2次予選でタジキスタン代表と対戦し、4-1の快勝。橋本が試合後に取材に応じ、初めてボランチでコンビを組んだMF川辺駿との連係面での出来について言及した。


 立ち上がりから激しくハイプレッシャーをかけ、相手に自由を与えなかった日本は、6分に古橋亨梧のゴールで幸先よく先制。そのわずか3分後に一瞬の隙を突かれて同点とされたものの、その後も主導権を握る日本は40分に南野拓実、51分に橋本拳人、70分に川辺が追加点を重ねて勝利を手にした。W杯2次予選での初失点こそ喫したが、7戦全勝で強者の貫禄を示した。


 ゴール前で山根視来からの横パスをダイレクトで流し込み、代表初ゴールとなるチームの3点目を決めた橋本は、得点シーンについて、「ふかさないこと、枠に入れること、ボールにミートすることを意識した。入って良かった」と振り返った。

  しかし得点以外の部分については、「ゴールは自分の仕事ではない。(チームが)攻めあぐねていた場面があったなかで、もっと自分が攻撃に厚みをもたらせなければいけなかった。そこは修正しなければいけない」と反省の弁。なかでも、川辺との連係については、修正すべき点が多いと口にする。


「(川辺とはボランチで)初めて組んだので、お互いを見てバランスを取りながらを意識して入りました。しかし、良い時間帯もありましたけど、なかなかうまくいかない時間帯があった。もちろん自分の良さも出しつつ、(川辺)駿の良さも出したいと思ってプレーしましたけど、試合の入りから少し硬かったかなと思いますし、もう少し駿を前に出してあげて、彼を自由にプレーさせてあげるところなど、もっとコミュニケーションを取ってやるべきだったなと感じています。そこは反省点というか、改善しなければいけない点だなと思っています」


 タジキスタン戦では代表歴の浅い新しい選手をスタートから積極的に起用した森保ジャパン。ミスが目立つなど課題も残る試合となったが、様々なポジションの組み合わせを試すなど、選手層の幅を広げるためにも今後に向けて価値ある一戦となったはずだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事