藤田譲瑠チマ、ポヤトス体制で出場機会は激減… U-20代表合宿で浮上のきっかけを掴めるか

藤田譲瑠チマ、ポヤトス体制で出場機会は激減… U-20代表合宿で浮上のきっかけを掴めるか

2021.6.11 ・ 日本代表

シェアする

 ベスト16に入ったU-17ワールドカップから約1年半。日本の躍進を支えたボランチは今季から新たな挑戦をスタートさせている。


藤田譲瑠チマ、19歳。2種登録されていた高校3年次にJデビューを果たし、ルーキーイヤーの昨季は41試合に出場した。多くのクラブが熱視線を送る存在に昇華すると、迎えた今季は中学時代から席を置いた東京ヴェルディを離れて徳島ヴォルティスに加わった。J2からJ1クラブへのステップアップ。胸を躍らせていた藤田だったが、今は壁にぶつかっている。


シーズン当初は出場機会を掴み、開幕から4試合連続で先発出場を果たした。しかし、新型コロナウイルスの影響で入国制限を受けていたダニエル・ポヤトス監督が4月17日の10節・鹿島アントラーズ戦から指揮を執り始めると、リーグ戦の出場機会が激減した。甲本偉嗣ヘッドコーチが監督代行を務めていた10試合(9節と先行して消化した14節を含む)で8試合に出場をしていたが、以降の8試合は途中出場で2度ピッチに立っただけ。わずか2か月で自分の置かれている状況が一変した。


現状について、藤田はこう話す。


「ポヤトス監督が来日してから、出場機会がなくなってしまった。監督が求めていることをまだ自分の中ではっきりと理解していないけど、まだ体現できていない。それが試合に出られない理由。守備では相手のカウンターの芽を潰すプレー、攻撃では簡単なパスや最後のラストパスでのミス。(監督が求めているプレーを探している段階の中で)そこは求められているのかなと思います」

  今までできていたプレーも含め、なぜ本来の良さを出せていないのか。その答えはまだ見つかっていない。


 だが、藤田は今回の移籍が間違っていたとは思っていない。何故ならば、徳島に来たからこそ、気が付いた部分があるからだ。


「自分は中学以降、ヴェルディ以外でプレーした経験がなかった中で、価値観やサッカーの思考が似ているチームに移籍したつもりだった。だけど、徳島はサッカーの考え方もやり方も違う。それは移籍して初めて分かったこと。(サッカーに対する)価値観において最初は難しく、『なんでここにいないんだ』と思う場面もあったけど、今となってみれば海外に行けば価値観が違うのは当たり前だし、今以上に違うと知った。それを考えたら、この移籍は良かったと思う」

  試行錯誤の日々が続く中で前に進もうとしている藤田。U-17ワールドカップでともに戦ったDF中野伸哉(鳥栖)、GK鈴木彩艶(浦和)が飛び級でU-24日本代表に招集されたが、“今できることをすべき”というスタンスを崩さない。


「悔しさはない。もちろん自分も『U-24代表でやってみたかった』という想いがあるし、今の自分で通用するかは別としてやってみたい気持ちがあった。ただ、伸哉や彩艶が選ばれたのは試合に出続けていたから。自分にはそれが足りなかったし、思うところもあったので、今は徳島で試合に出られるようにしたい」


かつての仲間が上の世代の代表に挑戦する中で、藤田はU-20日本代表候補の一員として6月10日に行なわれた全日本大学選抜とのトレーニングマッチに出場。キャプテンマークを巻いて挑んだ中で、東京V時代から変わらない姿があった。一際目立つコーチングの声とポジショニングの良さ。45分×3本で実施された試合は3-6で敗れたが、失われた試合勘を取り戻しながらチームのために誰よりも戦った。

 同世代の仲間とのプレーを通じ、浮上のきっかけを掴めるか。


 試合後、影山雅永監督からチームに対し、こんな言葉を掛けられた。


「自チームで試合に出ているメンバーに比べ、コンディションが落ちてしまうのは試合に出られていない自分たちのせい。自分のチームに戻ってからもっと意識を変えて、練習を通じてレギュラー組に追い付いてより良いプレーをして、試合に出られるように頑張れ」


 それを受け、藤田は「徳島での練習を100%でやれていたのか」と自分を戒めたという。


 4日間の代表活動を通じ、今まで以上に自分と向き合う機会を得た。試合に出る――。「悩んでいるけど、やっていくしかない」。もがき苦しんだ先にある景色を見るために、藤田は歩みを止めるつもりはない。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事