市川大祐がキルギス戦に見た右サイドの光明!山根&坂元はロシアW杯の長友&乾のイメージ

市川大祐がキルギス戦に見た右サイドの光明!山根&坂元はロシアW杯の長友&乾のイメージ

2021.6.18 ・ 日本代表

シェアする

 メンバーも大きく変わったなか、選手のサバイバルというか、どんなプレーができるのかを見極める一戦でもあったキルギス戦。


 前半に3得点を奪ったサイドからの攻撃で、特に坂元達裕選手と山根視来選手の右サイドのコンビネーションは、良好に映りました。


 お互いのポジションを確認しながら、同ラインに並ばないように、坂元選手がダイアゴナルに走った時に、山根選手が縦に向かう。味方の動きを見て、空いたスペースやエリアを使い、プレーが流れるように繋がった良い連係でした。


 坂元選手は左利きなので、カットインからのクロス、シュート、中へのドリブルと武器をもちつつ、縦へも行け、相手のサイドバックとしてはとても捕まえづらい選手です。


 また、中にドリブルで切り込んでいくと、どうしてもバックステップで後ずさりしながらの対応になるので、相手選手の足が止まります。そのため、より効果的な状態で山根選手を使える状況も生み出していました。


 山根選手は前回先発したタジキスタン戦と比べてコミュニケーションも良くなり、この代表活動中に積み上げられた部分が多く見えました。


 後半にミドルシュートを放った場面を見る限り、川崎でやっているプレーも徐々に出せるようになり、自身のプレーが整理されたのかなという印象です。

  タジキスタン戦では迷いも見られ、攻め上がりを躊躇するシーンもありましたが、キルギス戦ではどこまで行って良いのか、周囲からの声もあったのかもしれませんし、自身の判断基準も定まっていて、スムーズにプレーしていました。


 1点目のPKに繋がるシーンでも坂元選手が中で受けて、守田英正選手に繋いだ際、全体の注意がボールに向いていました。その隙を見逃さず、山根選手が2列目から飛び出してボールを引き出し、クロスを送ったことで先制点が生まれています。


 相手がボールウォッチャーになる瞬間を作れれば、キルギスのように最終ラインに5枚置いて、守備を固めてきた相手でもチャンスを作ることができます。山根選手のああいう飛び出しは捉えきれないですよね。


 イメージで言うと、ロシア・ワールドカップの時の長友佑都選手と乾貴士選手のような関係性にも似て見えました。

  守備面で目に付いたのがまずは失点の場面。守田選手が対応しているなか、ペナルティエリア内に侵入され、相手に良い状況を作られていました。あの場面では行くのか行かないのかを含め、非常に難しいプレーです。


 1対1に負けなければ良いと片づけてしまえばそれで終わりなんですが、突破された時に、次にどうそのボールに対して守備をするかというプランも重要になってきます。


 相手の17番のグルジギト・アリクロフ選手はキレもあって、クイックネスも凄かった。そういう選手にまずはペナルティエリア付近でプレーさせないことが大事ですし、失点のシーンのようにドリブルをさせてしまった時には、どの方向にさせるのが良いかを判断し、どう相手のコースを限定させるか。駆け引きにもなってきますが、相手のプレーを限定していく守備をする必要があります。


 相手にプレーを「された」のではなく、「させた」ということが重要で、コースやプレーを限定し、想定内を多く作ることで対処できます。


 もう一つ気になったのが、56分頃の川辺駿選手がボールロストして自陣のゴール前まで攻め込まれた場面です。相手ボールを奪ってから日本の攻撃に切り替わった瞬間、山根選手が相手の背後に走り出しました。しかし、川辺選手はそこに出せず、相手ボールになってカウンターを受けてしまいます。


 このカウンターを受けた場面で、左SBの小川選手のポジションの“戻し”が気になりました。この“戻し”とは自分のプレーエリアとしているポジションに戻ることではなく、守備時に一番危険な場所にポジションを移すという意味です。 


 カウンターを仕掛けられた時に、センターサークル付近に相手選手が一人いました。それに対して、斜めに絞って、相手のプレーを限定することができたのですが、小川選手は自分のポジションへ戻ってしまった。最後は相手の空振りもあって事なきを得ましたが、未然に防ぎ切れずにピンチを迎えたシーンでした。


 最終予選になれば、より個々の能力も高くなってきます。今後、対戦相手のカウンターが鋭くなるなかで、人がいるけどやられちゃったという事態にもなりかねない。


 そうならないようにするには、常に決まった場所に戻るわけではなく、時には左SBが右サイドまで絞る必要もあるでしょう。そういう時に、自分のポジションにとらわれて身動きが取れなくならないよう、状況に応じたプレーを選択できるようになる必要があります。

  逆に日本の5点目では、古橋亨梧選手が受けてターンして、2対3の状況で浅野拓磨選手がゴールを奪った効果的なカウンターも仕掛けられました。


 あそこはスピードに特長があるふたりが前に居るという狙いがハマった好例ですが、最終予選で対戦する相手は、日本から得点を奪うために、ああいうカウンターの局面を狙っています。


 そこで必要なのは、攻めている時の守備のポジショニングと、守っている時の攻撃への動き出しです。森保一監督も「切り替え」と表現していますが、今後対戦相手のレベルが上がれば、「切り替え」以上に攻守の「繋がり」を持つべきだと思います。


 何かが起きてから対応するのではなく、未然にそれを起こさせない予測や準備で、その後のプレーに繋げていくということです。それは相手のフィジカルが勝っていても十分にできること。きめ細かいポジショニングや状況判断で勝れる部分です。


「切り替え」の切れ目を無くすには、個人の予測だけでなく、周りのサポートも必要で、予測した際には周りを動かすということでよりスムーズに攻守を繋げられます。


 そして、この想定内を増やして、予測をすることは、ここから最終予選に向けて、試合の前から準備ができること。スカウティングや分析もそうですし、トレーニングで連係を深めることや、お互いの特長を掴むこともそれにあたります。


 そういう意味では、この2次予選で多くの選手を起用できて、その選手たちが結果を残せたのは大きいですよね。


 選手は、結果が出れば、良いイメージを持てますし、自分の特長も再確認できます。意外と代表に呼ばれると、チームとしてやらなければいけないことを重視し過ぎて、自分の良さを出し切れないという選手もいます。


 バランスをとることは必要ですが、なぜ自分が代表に呼ばれたのかというのを問いながら、自分の特長とするプレーを発揮してもらいたいです。


 そして、そのプレーをいつ、どの状況で発揮するのか。キルギス戦では山根選手がその判断とプレーの確認ができた選手だったのかなと思います。


【著者プロフィール】

市川大祐(いちかわ・だいすけ)/1980年5月14日、静岡県出身。現役時代は日本代表の右サイドバックとして活躍したクロスの名手。1998年に17歳でA代表デビューすると、2002年の日韓W杯でも活躍。アカデミー時代から過ごした清水ではクラブ歴代3位となる325試合に出場した。2016年に現役引退後は指導者の道に進み、現在は清水エスパルスJr.ユースU-15で監督として活躍中。



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事