仏紙がU-24日本を絶賛!「攻撃のリーダー」久保建英と並んで「フランスを平手打ちした」と評されたのは?【東京五輪】

仏紙がU-24日本を絶賛!「攻撃のリーダー」久保建英と並んで「フランスを平手打ちした」と評されたのは?【東京五輪】

2021.7.29 ・ 日本代表

シェアする

 7月28日、東京五輪のグループステージ最終戦が行なわれ、日本はフランスを4-0で破り、グループAの首位通過を決めた。


 仏紙『Le Figaro』はこの試合において、「クボは大活躍し、(フロリアン・)トバンは沈んだ」と両軍アタッカーの明暗を指摘。特に久保建英については、「決定的な攻撃のリーダーだった」と称賛した。


「彼は前半だけの出場だったにもかかわらず、ブルース(仏代表の愛称)の守備を弱体化させるのに十分だった。味方のフォローに飛び込んだ結果、得点を挙げ、活躍を見せた。彼のプレーは、チームの行動を促す強力な呼び水となる。


 常に正しい選択をし、常に正しいテンポで、スピード感があり、非の打ちどころのないボールスキルを備えている。このレアル・マドリーの選手が見せたパフォーマンスは開幕以来、フランス代表に欠けていた攻撃力のすべてを象徴していた」

  そして、久保と並んで「あらゆる意味で素晴らしかった」と絶賛されたのが、この試合で今大会初先発を飾ったFW上田綺世だ。


「ブルースの強みのひとつは、アンドレ=ピエール・ジニャクの存在だが、日本にも同じくらいクオリティの高いナンバー9がいることを誇りに思うべき。先制点は、彼のシュートに始まり、GKポール・ベルナルドーニの壁にぶち当たりながらも、幸運にもチームメートがしっかりフォローして実を結んだ。


 その後もずっとフランスのDFにプレッシャーを与えていた。彼の得点は生まれなかったが、上田はフランスチームを平手打ちした、偉大な立役者のひとりで間違いない」


 今大会で予選3試合を全勝し、決勝トーナメント進出を決めたのは日本のみ。フランスをも驚かせた若きサムライたちは、7月31日に準々決勝ニュージーランド戦に臨む。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事