酒井宏樹の出場停止が何だというんだ。今の日本ならそんなアクシデントなど…【東京五輪/編集長コラム】

酒井宏樹の出場停止が何だというんだ。今の日本ならそんなアクシデントなど…【東京五輪/編集長コラム】

2021.7.29 ・ 日本代表

シェアする

[東京五輪グループステージ第3節]U-24日本4-0U-24フランス/7月28日/横浜国際総合競技場


 不用意なファウルをせず、フランスに勢いを与えないままゲームを進め、27分に久保の3戦連続弾で先制すると、続く34分には酒井のゴールで追加点。その9分後に酒井に出されたイエローカードはさて置き、後半にも2点を加点した日本の戦いぶりは申し分ないものだった。


 ともにあと1枚のイエローカードで次戦出場停止の遠藤と田中のボランチコンビはそれを承知したうえで相手に上手くプレッシャーをかけていたし、今大会初先発の上田も積極的なフィニッシュワークで敵守備網に風穴を開けて久保や酒井のゴールを演出した。


 そして、なにより素晴らしかったのは久保だろう。南アフリカ戦、メキシコ戦に続き、このフランス戦でもチームに特大の勢いをもたらす先制弾。抜群の嗅覚と技術でゴールを掠め取るプレーは文字通りワールドクラスで、“何かやってくれそうな期待感”が漂っていた。


 エースがエースらしい仕事をするのはこうした大舞台を勝ち抜くうえで重要なファクターだ。実際、久保の活躍に導かれるように、チーム全体が活気づいている印象である。南アフリカ戦ではなかなか攻めきれず「大丈夫か?」という不安もよぎったが、メキシコ戦の勝利で自信を深めた日本は続くフランス戦で貫禄さえも見せつけた。

  ニュージーランドとの準々決勝に右SBの酒井は累積警告で出場できないが、それが何だというんだ。グループリーグで3戦全勝を飾り、自信も貫禄もある今の日本ならそんなアクシデントなど問題ないはずである。それが原因で負けるようなら、所詮、その程度のチームだったというだけだ。

 

 フランス戦で酒井に代わって途中出場した橋岡は55分に鋭いクロスでチャンスを作り、60分過ぎにはヘッドで見事にクリアするなど及第点の仕事をした。複数のポジションに対応していた旗手や中山らのユーティリティ性も頼もしく映るようになったし、フランス戦で復帰したCB冨安もさすがの守備を披露。きっと、試合を重ねるごとにチーム力を高めている実感が選手たちにもあるはずだ。


 開幕前は「死の組」とも言われたグループリーグを全勝で乗り切った日本は今や優勝候補の一角だ。試合をこなすごとに強く、逞しくなっていく選手たちの姿を見て素直にそう感じるのである。


 まぐれの勝ち上がりではなく、正真正銘の実力で掴み取った決勝トーナメントへの切符。落ち着いていて、慢心などない“大人のチーム”になった日本ならニュージーランドの壁も突破してくれるはずだ。


文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事