恐いぐらいに的中する“森保采配”。唯一心配なのは…【東京五輪】

恐いぐらいに的中する“森保采配”。唯一心配なのは…【東京五輪】

2021.7.29 ・ 日本代表

シェアする

 森保一監督の打つ手が次々と当たっている。恐いぐらいにだ。


 南アフリカとメキシコに連勝した日本の五輪代表は7月28日、グループステージ突破を懸けて、フランスと対戦した。


 引き分け以上で首位通過、1点差負けでも決勝トーナメント進出が決まるこの一戦で、注目されたのは、ターンオーバーをするかどうかだった。


 ほぼ中2日での過密スケジュールが続くなか、金メダルが目標なら、主力をどこかで休ませなければならない。フランスの過去2試合(メキシコに1―4、南アフリカに4-3)を見ても、2点差で負けるとは考えにくく、選手を入れ替える策も想定された。


 ただ、森保監督は「不動のレギュラー」には手をつけず、故障から復帰した冨安健洋を

CBで起用したほか、もともと流動的な左サイドハーフとCFを入れ替わるに留まった。


 驚いたのは、その人選だ。ここ2試合でハードワークをこなしていた林大地に代って入った上田綺世はともかく、左に旗手怜央を起用したのだ。


 本来はアタッカーの旗手だが、このチームの直近の試合では、主に左SBとして起用されてきた。そのうえ、左サイドには南アフリカとメキシコ戦で先発を分け合い、それぞれ持ち味を発揮した三好康児と相馬勇紀、さらにコンディションが徐々に上がっている期待の三笘薫がいる。そのため、旗手がスターターに名を連ねたのはやや意外だった。


 だが、この起用は見事に的中。開始8分にミドルシュートで敵ゴールを脅かした13番は、その後も攻守に渡って精力的にプレー。決定機を逃したシーンもあったが、フランスにとっては、逆サイドの堂安律よりも、厄介な存在だったかもしれない。


 大会直前に故障から復帰し、ここまではやや身体が重い印象だった上田も、持ち味を存分に発揮した。タイミングよく下がってきてボールを収めるポストワークで、最前線で身体を張って基準点になる林とはまた違った良さを見せた。また、27分の久保建英の先制点、34分の酒井宏樹の追加点はどちらも上田のシュートをGKが弾いたところを詰めたもの。シュートに持ち込むボールの受け方は秀逸だった。


 そして、その上田の2本のシュートを引き出すパスを供給したのが久保だ。先制点の場面では、スルーパスを出した後にこぼれ球に反応して3試合連続ゴール。またしても輝きを放った。


 前半で2点のリードを奪ったことで、余裕ができた森保監督は、ハーフタイムに久保を下げたのを皮切りに、酒井、遠藤航、堂安、田中碧という主力をベンチに下げ、疲労を軽減することができた。結果的に、ターンオーバーと同じとはいかないまでも、それに近い“休息”を与えることができたのだ。


 さらに、途中出場の三好康児と前田大然がゴールを挙げるなど、交代策も的中。何から何までが上手くいった。強いていえば、自身が5シーズンに渡ってプレーしたフランスの五輪代表との一戦で躍動した酒井が、今大会2枚目のイエローカードをもらって準々決勝で出場停止になったことがマイナス点か。だが、この試合でも酒井に代わって途中出場した橋岡大樹が好プレーを見せており、しっかり穴を埋めてくれるはずだ。

  恐いのは、準々決勝でニュージーランドとの対戦となったことによる、油断ぐらいか。グループステージでも、最も格下と見られていた南アフリカに最も苦戦したように、勝って当たり前と思われるほど難しい試合になることは多々ある。


 ましてや、このオリンピックでは、内村航平(体操)、大坂なおみ(テニス)、瀬戸大也(競泳)、桃田賢斗(バトミントン)、張本智和(卓球)といったメダル候補が連日のように信じられない敗北を喫している。


「メダルが確実と言われている選手たちが敗退していることで、やっぱりもう一回集中して気を緩めずにやろう」


 吉田麻也は、フランス戦の前にそう語ったという。経験豊富なキャプテンが引っ張るこのチームなら、油断はないと信じたい。


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事