「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】

「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】

2021.7.31 ・ 日本代表

シェアする

 悲願の金メダル奪取へ、U-24日本代表がかろうじて8強の壁を越えた。


 7月31日、カシマスタジアムで開催された東京五輪・準々決勝で日本はニュージーランドと対戦。終始優位にゲームを進めながらも、日本はニュージーランドのコレクティブなサッカーに苦しめられ、0-0のままPK戦に突入した。なんとかこれを4-2でモノにしたが、薄氷を踏むような試合展開でベスト4進出を決めた。


 この一戦を速報レポートしたのが、ニュージーランドの地元スポーツメディア『STUFF SPORTS』だ。初の五輪8強で歴史的快挙を成し遂げたチームの大健闘をあらためて称えつつ、日本戦を「美しいゲーム」と評した。


「やはり日本は序盤から戦慄のアタックを仕掛けてきた。とりわけクボ(久保建英)とドウアン(堂安律)の動きが冴え、ニュージーランドはプレスのポイントを探れなかった。エンドウ(遠藤航)がビッグチャンスを外してくれたのには命拾いしたが、辛抱強く対応し、次第に試合のペースにも慣れ、ニュージーランドは堅固な守備ブロックを形成。一方で攻撃面では思うようにフィニッシュに持ち込めず、フラストレーションが溜まった。

  後半、日本がふたたび攻勢を強めるなかで、ウィンストン・リードが怪我で交代となったのはあまりにも痛かったが、オリーホワイツ(代表チームの愛称)はそれでもチャンスを与えなかった。またこの日本戦でもゲーム中に成長を遂げている印象だ。なんとか限られた好機を掴んだが、やはりゴ-ルは遠いままだった……。


 PK戦は致し方ない。世界を驚かせる勝利まであと一歩のところに迫ったが、優勝候補の日本をゼロに封じ、美しい120分間を戦い抜いた。国民を存分に感動させたオリーホワイツは誇りだ。戦士たちよ、顔を上げろ。ニュージーランドのフットボール史に残る名勝負だった」


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事