「楽に蹴れた」PK戦は守護神に感謝の中山雄太。ただ自身のプレーは「ダメダメだった」と猛省【東京五輪】

「楽に蹴れた」PK戦は守護神に感謝の中山雄太。ただ自身のプレーは「ダメダメだった」と猛省【東京五輪】

2021.7.31 ・ 日本代表

シェアする

 U-24日本代表は7月31日、東京オリンピックの準々決勝でU-24ニュージーランドと対戦し、PK戦の末に勝利を手にした。


 日本は決定機を得ながらも1点が遠い苦しい展開を強いられた。そんななか69分から左サイドバックで途中出場した中山雄太は、「やる前から簡単ではない試合だというのはみんなで共有していた」と難しい相手であると自覚していたと明かした。


「僕らもゴールに迫るシーンはありましたが、逆に僕らもゴールを脅かされて、拮抗した展開のうえでPKで勝てた試合だった。次も間違いなくこういう難しい試合になると思います。ただ、こうやって全員が力強い気持ちを持ってやっていければモノにできるとも思うので、このままの勢いをしっかりと次に繋げていきたいと思います」

  内容はどうあれ、勝利できたことをポジティブに捉えたいと話した中山。「順番は僕たちで決めて、自信がある人が立候補した」というPK戦では、3番目のキッカーを務め、左足でゴール左に冷静に決めて見せた。通常であれば、こういった状況でのPKは大きなプレッシャーがかかるものだが、GK谷晃生のセーブもあり、相手が2本外した状況であったため、落ち着いて蹴ることができたのだという。


「僕が蹴るタイミングでは、もう晃生がアドバンテージの状況を作ってくれていたので、本当に晃生のアシストがあってこそのゴールだなと思います。僕的には本当に気持ち楽に蹴れました」


 次戦、決勝進出を懸けたセミファイナルの相手は、金メダル候補のスペイン。中山は、「僕自身のプレーは全然ダメダメだった」としつつも、「しっかりと反省して次に生かしたい」と意気込みを語った。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事