悔やまれる「日本タイム」での逸機。勝負に関わる質の差が浮き彫りとなったスペイン戦【東京五輪】

悔やまれる「日本タイム」での逸機。勝負に関わる質の差が浮き彫りとなったスペイン戦【東京五輪】

2021.8.4 ・ 日本代表

シェアする

[東京五輪 準決勝]U-24日本 0-1 U-24スペイン/8月3日/埼玉スタジアム2002


 日本の健闘が随所に光り、勝機は十分にあった。しかし、チーム力には確かに差があった。その両方が言える試合だった。


 サッカーにおいてチャンスとピンチは隣り合わせといったことはよく言われるが、失点につながる110分前後の攻防はまさしくそうだった。90分の中でも75分すぎの時間帯には、日本が連続的に攻撃を繰り出し、スペインのディフェンスにギリギリの対応を迫るシーンが増え、久保建英がボックス内でシュートに持ち込むシーンもあった。


 しかし、本当の意味でスペインのディフェンスに冷や汗をかかせたのは、延長戦前半の終わりから後半の失点前だった。すでに久保と堂安律が退いていたが、日本は交代出場の三好康児を主な起点に、右サイドから前田大然が持ち前のスピードで積極的にスペインの背後を狙う動きを見せる。


 延長の前半にも中山雄太のクロスに前田がヘッドで合わせる惜しいチャンスはあったが、延長後半の失点前の数分間は「日本タイム」とも言える攻撃が勢い付いた時間帯だった。


 延長後半の最初の3分間はスペインの攻撃を防ぐシーンが目立ったが、108分、自陣のビルドアップから左サイドバックの中山、相馬勇紀、ボランチの遠藤航、田中碧とつないで、右サイドの酒井宏樹に渡り、リターンを田中、遠藤と回す。スペイン側もリトリートせざるを得ない状況で、ディフェンスラインを押し上げたところから板倉滉、中山、そして左スペースを走る相馬にボールが出る。


 相馬が中に行くと見せかけて縦に仕掛けると、対面したヘスス・バジェホが相馬の右足を削って警告を受ける。日本は左からのFKのチャンスを得た。三好の左足で巻くキックにボックス内で上田綺世がラファ・ミルと競りながら合わせるが、ファーサイドにこぼれると、中山が左足でシュート。惜しくもブロックに防がれ、さらに相馬がシュートに行くも空振りに。しかし、三好が素早くリカバリーして左サイドでボールをキープする。


 三好はハビ・プアドのディフェンスをかわしながら左足でクロスを入れる。ニアゾーンで遠藤が受けに行き、相手と競りながらもデュエルを制して左足で中に入れる。バジェホのヘッドのクリアが小さくなったボールを三好が胸トラップし、右足シュートに持ち込むが、体勢を立て直したバジェホの間一髪のブロックに防がれた。

  この時、実は前田がゴール右で敵二人を引き付けており、GKウナイ・シモンもニアサイドにポジションをとっていたため、利き足ではない三好のシュートが少しずれていたらゴールというシーンだった。


 そこからスペインのクリアボールを酒井が拾い、中盤のスペースで受けた田中が対応に来た相手をうまく外して、再び左オープンの相馬に通す。スペインは完全な守勢になっていたが、相馬の鋭いカットインからのシュートはエリック・ガルシアの身体を張ったブロックに跳ね返された。


 さらにクリアボールを遠藤が拾って田中につなぐが、反転からシュートに持ち込もうとしたところでディフェンスにあい、最後は裏に出たボールに前田が飛び込むも、素早く反応したシモンに先にホールドされてしまった。

  さらにもう1回後ろのビルドアップから前田がペナルティエリア右でボールを持つシーンが訪れ、セカンドボールからチャンスになりかけたが精度を欠いてスペインボールに。


 失点シーンはそのわずか2分後だったが、攻め疲れもあってか日本は前からプレッシャーをかけることができず、自陣に下がりながらの守備を強いられたところでスペインにボールを回された。スペインが狡猾だったのは、ここで攻め急がずに自分たちの呼吸を整えたことだ。


 そこから隙を見て右に開いたミケル・オヤルサバルにパスが出ると、対峙する中山とサポートにきた相馬の間にドリブルで割って入る。それを板倉がなんとかカバーして、最後は中山がサイドラインへのクリアに逃れたが、これが失点シーンの伏線になった。バジェホのスローインからオヤルサバルが受けると、田中の対応が一瞬遅れたところを逃さず縦に仕掛ける。


 最初はマルコ・アセンシオのマークをしていた中山がスイッチしてオヤルサバルのドリブルコースを切りに行くが、田中もオヤルサバルに行ってしまったことでインサイドのアセンシオが完全なフリーに。


 その間、ハビ・プアドとミルがファーサイドにいることで、酒井と吉田麻也がストレッチされた状況で、かなりの範囲をカバーする状況になっていた板倉も一瞬の状況で詰めきれず。アセンシオのシュートはこれまで再三の好セーブを見せてきた谷晃生も届かない左サイドネットの内側に吸い込まれた。


 失点シーンに関して要因を考察すると、ボールサイドだけで相馬、中山、田中、さらに板倉も絡み、最終的には遠藤のカバーも間に合わなかった結果で、色々なことが考えられる。そこはロシア・ワールドカップのベルギー戦での失点と同じで、選手、指導者、メディア、ファン・サポーターと様々な視点で語られるべきシーンだと思う。


 攻撃側からの視点で突き詰めると、「日本タイム」に決めきれなかった日本と、その直後に生じた隙を逃さなかったスペインという勝負に関わる質の差が浮き彫りになった表裏の現象だった。

  延長戦も久保や堂安を残したほうがよかったのではないかという声はある。それは延長戦に生じたチャンスの数々を振り返ると一理あるものの、代わりに投入されたフレッシュな前田や三好の存在がなければ、おそらく「日本タイム」は訪れなかった。


 一番悔しいのは、そこで決め切れなかった選手たちであることは間違いないが、ほぼA代表のスペインをここまで追い詰めたからこそ見えた世界との差を考えて、今後の糧にしていく必要がある。


 もちろん大会の総括はまだ早い。3位決定戦で難敵のメキシコを破り、銅メダルを勝ち取って、さらなる成長への課題に向き合っていく。そのためには勝利を引き寄せるゴールが必要だ。


文●河治良幸



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事