吉田&冨安の後継者へ! パリ五輪世代のディフェンスリーダー候補が追求する「ラスボス」感

吉田&冨安の後継者へ! パリ五輪世代のディフェンスリーダー候補が追求する「ラスボス」感

2021.9.27 ・ 日本代表

シェアする

 9月25日に行なわれた関東大学サッカーリーグ17節の法政大対順天堂大戦。順大が0-1のビハインドで迎えた後半アディショナルタイムで提示された6分のうち、4分が経過しようとしていた時、順大は右サイドでFKを得た。ボールをセットしたMF安島樹がライナー性のボールを蹴り込むと、ニアでMF小林里駆がすらし、ゴール前に飛び込んだCB山﨑大地が豪快に蹴り込んで、土壇場で同点に追いついた。



  結果は1-1。執念とも言える同点弾を挙げた山﨑は、直前の守備でも相手の決定機を阻み続けるなど、自らの殊勲のゴールへの糸口を作り出していた。


 1点リードを奪いながらも追加点を奪えないでいた法大は62分にFC町田ゼルビア内定の屈強なFW佐藤大樹に代えて、俊敏性とテクニックに富んだFW飯島陸を投入。佐藤に対して空中戦や球際で勝負を挑み、跳ね返してきた山﨑は、タイプが全く違う飯島に対しても冷静に対応をした。


 65分過ぎ、山﨑はボールを持った飯島に対して寄せに行くと、裏に走り込んだ左サイドハーフの田中和樹(京都サンガF.C.内定)にスルーパスを出された。だが、その瞬間に山﨑は鋭いターンを見せると、ダッシュで戻り、田中に渡って運ぼうとした瞬間に見事なスライディングでボールをからめ取った。


 さらにその直後の73分には飯島のシュートのこぼれ球を拾ったFW中川敦瑛が抜け出してGKと1対1に。中川がシュートモーションに入った瞬間に、猛ダッシュで戻ってきた山﨑がスライディングでシュートコースに入ると、彼の足に当たったボールが後ろにこぼれた。中川が反応してこぼれ球を押し込もうとするが、山﨑は起き上がりながら中川に腰を当ててブロックしたことで、GK後藤佑介が前に出てボールを掴むことができた。この3度に渡るスーパープレーの後に同点弾は生まれた。


「僕が意識をしているのは、『自分がやられなければチームは負けない』というラスボス感を持つことなんです」


 サンフレッチェ広島ユース時代は攻撃力と守備力を兼ね揃えた選手だった。順大に来てからはカバーリングやラインコントロールに磨きをかけて、総合的な能力の高いディフェンスリーダーとなった。


 3年生である彼の生年月日は2001年1月8日と、パリ五輪の対象年齢(2001年1月1日生まれ以降)でもある。


「東京五輪を見ていて、2CBがA代表の中心選手でしたが、同世代だと瀬古歩夢などがいました。同世代がメンバーに入っているということは、自分はもっとやらないといけないし、悔しさと次のパリ五輪は出たいという気持ちは強くなりました」

  彼が口にしたように東京五輪では吉田麻也がオーバーエイジで入り、22歳の冨安健洋とCBコンビを組んだ。その後継者とならなければいけない自覚と、年齢的に一番上になる可能性が高く、チームを牽引する立場としての自覚もある。

  開催国枠として出場が決まっていた東京五輪と違って、パリ五輪に立つにはアジアの関門を突破しないといけない。来るべき予選に向けて、来月下旬にはパリ五輪世代の初の公式戦となるU-23アジアカップ・ウズベキスタン2022の1次予選が福島のJヴィレッジで開催される。カンボジアと香港と同組になったU-20日本代表は、まずはそこで1位となって来年の本大会に進んで経験値を積み上げるべく、3年後に向けて動き出している。


 当然、山﨑も確実にメンバーに入れるとは限らない。だが、法大戦のスタンドにはU-20日本代表コーチングスタッフである富樫剛一氏も視察に訪れており、アピールをすることはできた。それでも山﨑は「見に来ているからとかではなく、どの試合でも常に全力でプレーすることがアピールにつながる」と目標に向かって一歩ずつ歩を進めて行く意思を示した。


 3バックでも4バックでも対応でき、攻守両面で力を発揮できる彼だからこそ、これから先貴重な『ラスボス』として、もっと注目を浴びる存在になるだろう。U-20日本代表はそのひとつのきっかけとなるはずだ。


取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事