豪州戦の推奨スタメンは?|逆境に強い姿を何度も見てきた。ここで柴崎を外すことはできない【記者の視点】

豪州戦の推奨スタメンは?|逆境に強い姿を何度も見てきた。ここで柴崎を外すことはできない【記者の視点】

2021.10.11 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表は、10月シリーズでサウジアラビア、オーストラリアと対戦。敵地でのサウジ戦は0-1で敗れた。是が非でも勝点3を手にしたいホームでの豪州戦、森保ジャパンはいかなるメンバーで挑むのか。報知新聞社の内田知宏記者に、推奨スタメンをセレクトしてもらった。


――◆――◆――


 チームの流れを変えたい時、GKを変えるという監督が一定数いる。GK川島永嗣を選んだ理由にそうした狙いがあるが、より重要な役割として「怒鳴る」ことを求めた。


 危険なエリアでのボールロストに対し、烈火のごとく詰め寄るのはもちろん、追い詰められたチームを落ち着かせる術を持つ。不安定なチームにあって、道しるべとなれる選手がどれほど偉大か。


 柴崎岳を先発に並べたのもそうした理由。方向性を示すことのできる選手と判断している。コロナ対策の影響で直接取材ができないだけに、彼が今どんな精神状態にいるかはつかみにくいが、逆境に強い姿を何度も見てきた身としては、この場面で外すことはできない。隣にチームの課題がよく捉えられている守田英正を置く。

  左サイドバックにはオーストラリアの高さ対策に中山雄太を配したい。オーストラリアがかつてのような高さを前面に押し出すサッカーを志向していないとはいえ、セットプレー対策はどの試合でも重要。高さで対抗できる選手を増やし、少しでも脅威を減らしたいところだ。


 前線は森保ジャパンが結果を出していた時の形に戻す。1トップに大迫勇也、トップ下に南野拓実、左MFに原口元気。そして切り札には古橋亨梧を。やはり中央のほうが生き生きとプレーしている印象で、大迫、または南野に変え、迷いのないプレーで一押しを狙いたい。


 予選を通じて失点が少ないオーストラリアとの試合も簡単ではない。まずは焦れずに90分を通して考えられる選手をピッチに送り出したい一戦だ。


取材・文●内田知宏(報知新聞社)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事