大迫勇也が得点力不足を自省。豪州戦へは「変えていくべきところは変えていかないといけない」

大迫勇也が得点力不足を自省。豪州戦へは「変えていくべきところは変えていかないといけない」

2021.10.11 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表の大迫勇也が12日のオーストラリア戦に向け、その胸中を明かした。


 日本は、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選を3試合戦い、1勝2敗の窮地に立たされている。特に深刻なのは3試合で1得点しか奪えていない攻撃力だ。中国戦でその唯一のゴールを決めている大迫も、「前の選手が得点が取れていないので、そこが一番の原因」と言及する。


 無得点に終わったサウジアラビア戦については「チャンスはあったので、僕自身決めないといけないシーンというのがあったと思います。あとはチームでさらに得点のチャンスを増やすためには(どうすればよいか)話し合っている」と振り返った。


 日本時間8日に行なわれた前節からわずかな期間だが、選手間でのコミュニケーションや、森保一監督との対話も積極的に行なっているという。森保ジャパンのエースとしてここまで代表を支えてきた大迫は決戦に向けての決意をこう語った。


「もちろん常に結果を出さないといけないという責任感はある。ただ、前回の試合では結果が出せなかったので、しっかりと切り替えて良い準備をするというのは今やるべきこと。今はそこにしか焦点を当てていない。次の試合でチームを勝たせられるようにすることしか考えていない。それがピッチの中で自分がやるべきこと。与えられたポジションで責任を持ってプレーすることしか考えていないです」

  その一方で、対戦相手の大迫への対策も進む中、最終予選ではこれまでのように存在感も発揮できていない状況もある。


 自身のポストプレーや楔のパスを受ける際に収めきれない現状については、「真ん中を閉めてくるチームが多い」と分析し、「そこは上手く変えていくべきところは変えていかないといけない。その分サイドは空いているので、上手く対応していかないといけない」と変化も求める。


 さらに、「日本の生命線は常に中盤だと思っている。良い選手たちも多い。その選手たちがしっかりと自信をもってプレーできることが、内容的にも結果にもつながることだと思う」と最前線からチームをけん引する覚悟だ。


 日本代表にとっては、ホームでのオーストラリア戦は勝利が絶対条件になる。チームの機能性や戦い方の向上も必須ながら、何よりもまずはゴールが求められる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事