「彼らのことはよく知っている」英2部で活躍する豪州代表DFが日本戦に意気込む「今度こそ打破する日が来た」

「彼らのことはよく知っている」英2部で活躍する豪州代表DFが日本戦に意気込む「今度こそ打破する日が来た」

2021.10.11 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の3試合を終え、1勝2敗と大苦戦を強いられている日本は、10月12日に3連勝でグループ首位に立つオーストラリアとホームで対峙する。


 現地紙『The Age』は、10日付けで「オーストラリアにとっては、勝利すればW杯出場がより近づく一戦であり、日本にとっては、負ければ森保一監督の進退問題に発展するという大一番である」と伝えた。一方のオーストラリアにとっては、19年9月から続くW杯予選での連勝記録を「11」に伸ばし、世界記録を更新。日本に勝利すれば、その記録はさらに「12」に伸びることになる。


 また、イングランド2部ストークでプレーし、その活躍ぶりからトッテナムやエバートンが関心を示していると報じられているDFハリー・サウターのコメントを紹介。日本との対戦に意気込んでいる様子を報じた。


「僕らは、彼らのスタイルをよく知っている。日本には独特のスタイルがあり、戦うたびに苦戦してきた。でも、今はチームに自信があり、勝利に向けて進んでいる。今度こそ日本を打破する日が来たかと言われたら、そうだと思っている。連勝記録も11では物足りない。


 それに、日本代表は、これまでの予選の結果から、プレッシャーを感じていることも知っている。相手のことを考えつつ、僕らの戦い方を進めれば、きっと結果はついてくると思う。僕らの戦い方は一つひとつ確実に勝利すること。何も変わらないが、日本との対戦は楽しみだ」


 加えて、現在スコットランド1部ハーツでプレーするジョン・サウターから、同リーグでプレーするセルティックの古橋亨梧についての話も耳にしたと語ったようだ。


「僕はできる限りリーグ戦を見て、結果を把握している。(古橋は)良いスタートを切って、とても良い選手だということが分かっている。状況が変われば、イングランド2部で対戦するような相手だってこともね。けれど、日本にはほかの良い選手も揃っている。僕らはただ、同じように良い選手で団結し、立ち向かうだけだ」


 日本代表は2009年以来、オーストラリアに負けていない。ここで3連勝と勢いに乗る敵を叩くことができれば、チームの状況は少なからず上向くだろう。オーストラリアとの一戦は、相手国でも注目の一戦であることは間違いない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事