「これまでと考え方は変わらず…」森保監督が豪州戦前日会見で語る選手への変わらぬ信頼

「これまでと考え方は変わらず…」森保監督が豪州戦前日会見で語る選手への変わらぬ信頼

2021.10.11 ・ 日本代表

シェアする

 10月11日、日本代表の森保一監督が勝負のオーストラリア戦の前日会見を行ない、選手たちへの変わらぬ信頼を表明した。


 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選を3試合戦い、1勝2敗の現状については、「我々が厳しい状況に置かれているというのは承知しています。しかしながら、最終予選は全ての試合で厳しい試合になるというのは、事前に予想していたこと」として、「まだまだ巻き返しの可能性がある」と断言した。


 その一方で、森保ジャパンが望む戦い方ができていない現状もある。


 それでも指揮官は、「まずは、これまでと考え方は変わらず、豪州戦へ向けて、我々が勝つためにベストのメンバーを決めて、最善の準備をしていきたい」と選手たちへの変わらぬ信頼を示し、本日行なわれる公式練習を経て「選手たちの動きを確認した上で、明日のメンバーを決めたい」と明かした。


 また、ここまでの戦いについてはこう振り返る。


「戦い方が変わってないように見られますが、毎回対戦相手が違うので、相手のストロングポイントを消して、ウィークポイントを突いていけるように」と臨機応変な対応をしているという。


 さらに、試合中では「状況によってやらなければいけないこと。我々がやりたいことと、その時できることというのはその時にギャップがあると思う。現実的に今できることを、試合に臨むにあたって準備する」

  対戦相手となるオーストラリアについては「個々のフィジカルの強さがあり、かつ技術的にも優れているチーム。アーノルド監督は私の元同僚。戦術的にも組織的に戦える良いチーム」と分析している。


「試合の流れを読みながら賢く戦えるようにしないといけない。流れのなかで最適な判断をして、意思統一をしなければいけない」と勝負の一戦へのポイントを挙げた。


 勝負の一戦で選手たちは指揮官の期待に応えるプレーを見せられるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事