「三笘とは家が30分くらい」「憲剛さんへの連絡は恐れ多い」三好康児が語る先輩やアカデミー同期との関係【インタビュー/中編】

「三笘とは家が30分くらい」「憲剛さんへの連絡は恐れ多い」三好康児が語る先輩やアカデミー同期との関係【インタビュー/中編】

2021.10.21 ・ 日本代表

シェアする

 東京五輪では先発1試合にとどまり、チームをメダル獲得に導けなかった。悔しさを抱えながら迎えた今季、三好康児は例年以上に強い覚悟を窺わせるパフォーマンスを見せ、10月シリーズでは出場はなかったもののA代表に約11か月ぶりに招集された。


「夢」と語るワールドカップ出場へ向けた“新章”に踏み出した24歳の新たな決意表明に耳を傾けてほしい。


―――◆―――◆―――


――9月の活動では厳しい移動を強いられる欧州組のコンディションが改めて課題に挙がりました。その点についてはどうでしょう?


「僕も、その難しさを何度か体験しました。これをずっと続けている先輩たちは本当に凄いですよ。日本に帰って2、3日で試合をして、自チームに帰って、またすぐにアピールしなくてはいけないですからね。その辛さはこっちに来てみないと分かりません。でも、それを言い訳にはできませんし、そういう状況でも常に良い準備をして戦うのが代表選手の責任だと強く感じています」

 ――その準備の仕方は、吉田麻也選手ら先輩から学ぶところも?


「はい、先輩の姿を見たり、聞いたりしています。経験のある選手はみんな自分なりの準備の仕方があり、その考え方が確立されています。一緒に活動していて本当に参考になりますし、僕も意識をもう何段階も上げなければと気づかされます。僕らのようなA代表経験の浅い選手がアピールするには、それ以上の準備が必要だということです。そこはまだまだ足りないなと痛感しています」


――過酷な状況でも戦い抜く。そこが国を背負う覚悟とも言えそうです。


「仰る通りですね。準備の部分でも、最終的には気持ちが表われます。代表で長くプレーしている選手の責任感は本当に凄いです」


――では森保一監督のサッカーについてはどう感じていますか?


「森保さんは組織を第一に考える方で、今のチームは全員がひとつの方向を向く、一体感があります。僕は今までの日本代表を経験していないので過去と比べられませんが、その一体感が今のチームの強みだと感じます。コーチングスタッフの方が全員、日本人でコミュニケーションが取りやすい利点もあると思います」――戦術面はどうでしょう?


「攻撃に関しては、チームとして決まり事はありつつも、ある程度の自由が許されています。コンビネーションを磨き、個々の動きの質が高くなれば、より自由にプレーできる。そこは強みですね」


――今後は東京五輪世代が、どれだけレギュラーに食い込んでいけるかも大切になりそうです。


「僕らの世代がこれからの日本サッカーを活性化させなければいけないですし、監督に期待してもらっているのはすごく有難いです。だからと言って、競争は激しいので簡単にA代表に呼ばれるわけではないですし、僕のポジションは特に激戦区で、もっとアピールが必要だと思っています。それは僕も含めてこの世代の全員が覚悟しているはずです」

 ――三好選手の恩師のひとりとしては川崎のアカデミー時代に指導を受けた高崎康嗣さん(現・新潟医療福祉大コーチ)が挙げられると思います。最近の活躍を受け、何かかけられた言葉はありますか?


「タカさんは(五輪)初戦の南アフリカ戦で、NHKに出演していましたよね(笑)。試合後に(板倉)滉(アカデミーの同期)、(三笘)薫、(田中)碧(ともにアカデミーの後輩)と『タカさん、テレビに出ていたらしいよ』と話していたら、タカさんから『点を取ってくれたらもっと出た甲斐があったのにな』と連絡をもらいました(笑)。でもその後、フランス戦で点を取った時に『おめでとう』とメッセージをもらえました。嬉しかったですね」


――そういう点では川崎の大先輩である中村憲剛さんや、親交の深い家長昭博選手らからもメッセージも?


「憲剛さんとは恐れ多いというか、そんなに頻繁には連絡を取れず(苦笑)。アキさん(家長)とはよく連絡を取りますが、具体的なアドバイスというのはそこまでないかもしれないですね。『調子どう?』みたいな感じです(笑)。あとは、フロンターレで言えば、Jリーグの試合を見て、滉らと話をする形ですね」

 ――板倉選手、三笘選手、田中選手ら(久保も川崎U-10に一時期所属)東京五輪のメンバーに、川崎のアカデミー出身者が多く選出された点も注目されました。


「なんだか不思議な感じでしたね。僕と滉は同い年でずっと代表やチームで一緒にやってきましたけど、薫はユースから(筑波)大学に行き、碧はビックリするくらい成長していて……。碧が(トップチーム)昇格1年目の頃は、一緒に五輪に出られるなんてまったく予想していなかったので、凄いなあと感慨深いです」

 ――板倉選手の今夏のドイツ2部・シャルケへの移籍も刺激に?


「もちろんです。滉だけでなく、みんなの活躍は気になりますし、お互いを高め合える良い関係ですね」


――今夏に海を渡った三笘選手とはベルギーで鎬を削ることになります。


「実は家が30分くらいの距離で、すぐ会えるんですよ。(ドイツにいる)碧や滉もそんなに離れていなくて、2時間くらいあれば集まれちゃいます。ヨーロッパにいるのに近いので、なんか変な感じです(笑)」


(後編へ続く)


取材・文●本田健介・多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事