5バックのベトナムをどう攻略するのか。日本代表が最も気をつけるべきは「自らの焦り」

5バックのベトナムをどう攻略するのか。日本代表が最も気をつけるべきは「自らの焦り」

2021.11.11 ・ 日本代表

シェアする

アジア最終予選5戦目のベトナム戦、この試合で全10試合の半分を消化することになる。アウェイでのゲームではあるが、相手との実力差、ここまで2勝2敗と苦戦している状況を考えれば是が非でも勝ち点3を取り、願わくば大量得点によって得失点差で優位に立てる状況に持ち込みたい。


ベトナムはこれまで5-4-1というシステムで戦っている。5バックだと守備重視という印象を受けるが、プレイスタイルはパスをつなぐタイプ。日本は比較的容易にチャンスを作ることが出来るはずだ。早い時間帯で先制点を奪えれば、前に出て来ざるを得ないホームチームをカウンターで翻弄し、得点を重ねることも可能だろう。ベトナムは身長も高くないのでサイドからのクロスやハイボールを使った攻撃も有効と見る。


日本が窮地に陥るとすれば、「自らの焦り」がポイントになりそうだ。早く先制出来れば展開が楽になるのは確かだが、優勢に試合を進めていても点が取れないというケースはままある。アンラッキーな形で先制を許してしまうこともあるだろう。不条理なジャッジを受けてしまうかもしれない。そういった状況も頭のどこかで考慮しておくべきだ。ここまであまり良い流れで来ていないだけに、想定外のことが起きれば自信は大いに揺らぐだろう。だが、点が取れない状況が続いても、先制されてしまっても、能力、経験値共に上であることを忘れず、ブレずに戦うことが重要だ。


前節も日本ペースで試合を運びながら、セットプレー一発でオーストラリアに同点に持ち込まれた。だが、気持ちを切らすことなく2点目を求め続けた結果、決勝点が生まれた。決して精神論ではない。質の高いプレイ、強度の高いサッカーをするために集中力は必要条件だ。気持ちは熱く、頭はクールに戦ってほしい。


この試合はアウェイで開催されるため、DAZNの独占生中継となる。サブチャンネルも充実しており、ディレイ観戦することも可能だ。ぜひ日本代表の戦いをチェックしていただきたい。


アジア最終予選(Road to Qatar)ベトナム代表vsサッカー日本代表

日本時間2021/11/11(木) 21:00 キックオフ(予定) 


【配信】

DAZNにてライブ配信

日本時間2021/11/11(木) 20:20〜


写真提供:getty images

シェアする

最新記事