W杯出場へ残り4戦の焦点|何のための「1チーム2カテゴリー」なのか。サウジ戦では遠藤航を温存、敵地・豪州戦に照準

W杯出場へ残り4戦の焦点|何のための「1チーム2カテゴリー」なのか。サウジ戦では遠藤航を温存、敵地・豪州戦に照準

2021.11.24 ・ 日本代表

シェアする

 滑りやすい革靴を履いてきてしまい、小さな水たまりにも足を取られてあたふたしている。


 現在の日本代表を見ていると、そんな印象を受ける。


 新たな道を前向きに進んだ結果、ぬかるみに足を取られるのならまだしも、むしろ無難な道を選択しているはずなのに、この有様だからタチが悪い。今回の最終予選初戦でオマーンに敗れたとき、前回の最終予選でも初戦でUAEに敗れたことが引き合いに出されていたが、当時のUAEと今回のオマーンとでは実力的な立場がまったく異なる。


 前回のUAEはタレントが揃っていたうえにチームとしても力があり、ワールドカップを“ワンチャン狙える”位置にいたが、今回のオマーンはそうではない。


 一般論としてアジア全体のレベルが上がっていることは認めるが、今回のグループBに関して言えば、3強3弱。それを考えれば、オマーンに引き分けまではやむなしとしても、敗戦は明らかな日本の失態だった。


 初戦に限らず、今回の最終予選全般に言えることだが、日本が勝手にぬかるみに足を突っ込んでいる感は否めない。試合ごとの戦略や選手起用といった森保一監督の采配には疑問、というより不安を感じる点が数多い。その印象は東京五輪を含めて振り返ると、なお一層強まる。

  コンパクトな布陣で攻守を繰り返すとか、そのなかで高いプレー強度を保つとか、サッカーのベースとなる部分は段階的に高まっているのだろうが、それをどう試合に落とし込み、勝つ確率を高めるのか。その点においては、どうにも心もとない。


 ここまで盛り返せば、最終予選突破は問題ない。しかし、森保監督でいいかどうかは、それとは別の話だ。ワールドカップでのベスト8進出を本気で狙うつもりなら、監督交代は残しておくべき選択肢だろう。


 とにもかくにも、年が明ければ次の試合はやってくる。次戦はホームの中国戦(1/27)だが、国内組にとってはオフ明け間もない、厄介なタイミングでの試合となる。


 普通に考えれば、シーズン真っ只中の海外組のほうがコンディションは上だろう。ただし、海外組には長距離移動と時差があるうえ、準備期間の短さゆえの2連戦初戦の難しさは、すでに証明されている。

  だとすれば、やはり国内組を中心にチームを編成するのも一手だろう。1月に国内組だけであってもキャンプができるなら、9~11月シリーズに比べ、長い準備期間が確保できるメリットもある。


 11月シリーズでは国内組が多く招集されながら、ほとんどが起用されずに疑問を残す結果となったが、1月への伏線と考えれば、少しは納得感も生まれる。


 前田大然、旗手怜央らに海外移籍の動きがあり、その動向次第とも言えるが、2連戦の初戦でいつも苦しんでいる以上、中国戦を国内組で戦い、グループ首位とのサウジアラビア戦(2/1)で海外組に切り替える。そうしたローテーションは有効策となりうるはずだ。


 ただし、残り4試合をトータルでプランするならば、サウジアラビア戦ばかりを意識し過ぎるのは得策ではない。サウジアラビアに借りを返したい。グループ1位で突破したい。そんな気持ちは理解できる。しかし、1位で予選突破したからといって、本大会でシード権が与えられるわけでもなく、順位を気にする必然性はない。


 だとすれば、ここからの4試合で最も重要なのは、3月24日に行なわれるアウェーのオーストラリア戦だ。ここさえしっかり勝つことができれば、予選突破は確実なものとなる。

  前のオマーン戦でイエローカードをもらった遠藤航は、サウジアラビア戦を回避していいはずだし、そこでは同時に、新たな戦力を起用する絶好の機会も生まれるはずだ。田中碧、三笘薫、中山雄太がすでにラッキーボーイとなり始めているように、過去の最終予選を見ても、停滞感漂うチームに推進力を与えるのは五輪世代の役目だ。


 招集するばかりで起用をためらっていたのでは、何のための「1チーム2カテゴリー」だったのかわからなくなる。


取材・文●浅田真樹(スポーツライター)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事