【森保J、2022年の主戦メンバーは?】重要ポイントはJ復帰ベテラン勢の状態。大迫はJでこそ違いを見せるが…

【森保J、2022年の主戦メンバーは?】重要ポイントはJ復帰ベテラン勢の状態。大迫はJでこそ違いを見せるが…

2021.11.25 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ アジア最終予選は6試合を終えて、日本代表はグループBの2位につける。残るは、来年2022年の1・2月シリーズと3月シリーズの各2試合。果たして、この4試合で、そしてその後の本大会を見据えて、日本代表はいかなる陣容で戦うべきか。有識者の見解を伺った。

(文=加部究/スポーツライター)


――◆――◆――

  直近の成功体験となったオーストラリア戦をベースに4-3-3を選択したが、フォーメーションは個々のコンディションや対戦相手を探りながら適宜最適解を探っていくべきだろう。あまり変わり映えはしないが、JFA(日本サッカー協会)は予選を突破すれば森保体制のまま本番も臨むのだろうし、そうなればこれから新しいメンバーが食い込んでくるとは考え難い。さすがにフル代表と五輪代表を兼任して来た監督なので、全体の戦力の洗い出しは徹底しており、むしろ問題はこの中での動かし方になる。


 温情派の監督にとって重要なポイントは、Jリーグに復帰したベテラン勢のコンディションの見極めだ。もちろん彼らの経験を大きな期待値として捉えるのも判るが、それを過大評価するのは危険だ。例えば大迫勇也はJリーグでは余裕さえ漂わせて違いを見せている。だがそれはイニエスタを筆頭に極上のサポートを得られる上位チームだからこそであり、ブレーメンとは基準も立場も大きく異なる。ドイツへ渡り大迫に求められる役割やプレースタイルはかなり変化して来た。確かに最前線でのポストワークは突出しているが「半端なかった頃」のハンター色は消えている。そこは自身でも意識してゴールへのこだわりを表現しているようだが、国際基準で真価を見極めるのは難しい。ワールドカップ本大会で対戦する難敵を想定するなら、大迫を最前線の起点と割り切り2列目以降が仕留める形を模索するのが最もリスクの少ない安全策に映るのだろう。


 だが大迫を過信するあまり、別の可能性を消去してしまえば、未来どころか差し迫った本大会での失速にも繋がる。現在の森保体制が反感を買っているのは、いくつかのポジションについて「信頼」の度を越して「依存」に近い状態に陥っているからだ。


 左サイドのセットも、中に入る南野拓実+外で高い位置を取る長友佑都、外から仕掛ける三笘薫+フォローして組み立てる中山雄太で使い分けているが、長友の左足クロスを期待するなら単純にレフティの小川諒也という選択があっても良い。また三笘をフォローするなら旗手との相性も魅力的だ。前回ワールドカップや東京五輪でも歴然としたように、日本は現状維持を望むのではなく世界を追いかける立場にある。最高到達点から徐々に下りつつあるベテランに命運を託すなら、未知のチャレンジを選択していくべきだろう。

  所詮代表戦は、非日常で活動する、言わば頻度の高いオールスターゲームだ。選手の選択肢がクラブより格段に広がる分だけ、チャレンジと検証のサイクルはスピーディーに進めていくことが肝要になる。ましてコロナ禍の収束が見えない状況を考えれば、暫く5人交代制も継続される可能性が高いのに、現体制では総力戦への適応が遅れている。ただし1度定まった序列重視の閉塞状況は、ジーコやザッケローニ時代も同様だった。そう考えれば4年に1度の再考を繰り返して来たJFAのスピード感も、世界の趨勢に対応できていないという見方が出来る。


文●加部 究(スポーツライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事