【森保J、2022年の主戦メンバーは?】伊東純也と久保建英は共存できるのか? 柔軟な選手起用がテーマに

【森保J、2022年の主戦メンバーは?】伊東純也と久保建英は共存できるのか? 柔軟な選手起用がテーマに

2021.11.25 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ アジア最終予選は6試合を終えて、日本代表はグループBの2位につける。残るは、来年2022年の1・2月シリーズと3月シリーズの各2試合。果たしてこの4試合で、そしてその後の本大会を見据えて、日本代表はいかなる陣容で戦うべきか。有識者の見解を伺った。

(文=元川悦子/フリーライター)


――◆――◆――

  2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選6戦を終えて4勝2敗の勝点12でB組2位につけている日本。序盤3戦で2敗を喫した時には、キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が「万が一、予選敗退したら僕もすっぱりやめようと思います」と進退を賭けた発言をするほど追い込まれた。


 そこから森保一監督は4-3-3の新布陣を採用。東京五輪世代の田中碧(デュッセルドルフ)や三笘薫(サン=ジロワーズ)、中山雄太(ズウォーレ)らを積極起用するようになり、流れがガラッと変わった。10月のオーストラリア、11月のベトナム・オマーン戦は全て1点差の辛勝で、決して楽観は許されないが、「1チーム・2カテゴリー」で若手育成を図ってきた効果がようやく出てきた格好だ。


 W杯イヤーの2022年はその流れをより一層推し進めていきたいところ。ここまでの最終予選で目覚ましい働きを見せた3人のスタメン入りは当然の流れではないか。田中碧はインサイドハーフで起用されているが、オーバーワークの遠藤航(シュツットガルト)の代役としてアンカーもこなせるし、ダブルボランチでも行ける。先々を見据えて中盤の軸に位置付けてもいいくらいだ。


 中山にしても、長友のキレや鋭さが低下しつつある今、彼を頭から起用しない手はない。実際、三笘や浅野拓磨(ボーフム)、前田大然(横浜)といった打開力や推進力あるタイプを生かそうと思うなら、後ろからサポートできる中山の方がベターという見方もある。左利きのサイドバック(SB)は日本サッカー界が長年、待ち望んでいた存在。そういう意味でも期待は大きい。


 彼以外の最終ラインのベースは現状維持になるだろうが、30代の酒井宏樹(浦和)と吉田のバックアップ役は確立させておくべき。右SBに関してはすでに山根視来(川崎)が台頭。室屋成(ハノーファー)もクラブで活躍中で、酒井とそん色ない仕事を果たせるようになってきたのは朗報だ。


 ただ、吉田のところは発信力や統率力含めてなかなか替えが利かない。状態が万全なら2018年ロシアW杯経験者の昌子源(G大阪)などは適切な後継者候補なのだが、現状は難しい。であれば、思い切って板倉滉(シャルケ)の抜擢を考えるべき時期に来ているのかもしれない。いずれにしても、板倉と冨安健洋(アーセナル)には脱・吉田の布石を打つことが強く求められる。特に冨安にはリーダーシップをより身に着けてほしい。


 攻撃陣の構成も難しいが、1トップは総合的に見て大迫勇也(神戸)がまだ優位な立場にいる。ケガもあり、11月2連戦は目立った活躍を見せられなかったが、本人も「まだまだ通過点」と言うように立ち止まるつもりはない。状態が上向けばまだまだやれるはず。相手との兼ね合いや試合内容に応じて南野拓実(リバプール)を最前線に上げたり、古橋亨梧(セルティック)を使うなど、変化をつけていけば、彼も楽になるはずだ。

  右FWは目下、最終予選得点王の伊東純也(ゲンク)抜きには語れない。東京五輪世代の久保建英(マジョルカ)と堂安律(PSV)は彼のサブという位置づけになってしまうが、2人を併用しようと思うなら、システムを4-2-3-1に変えればいい。そうやって柔軟に戦力を起用していくことが2022年の重要テーマと言っていい。


 左FWにしても、前述の通り、三笘、浅野、前田といったスピード系が揃っていて頼もしい。よりゴールに近い中央寄りで生きる南野を外に置くりも攻撃の迫力が増すのは間違いない。オマーン戦(マスカット)後半のように両サイドからグイグイと攻め込める布陣で行けば、サウジアラビアやオーストラリアに負けるわけがない。「両翼の矢」をどう使っていくのか。そこも指揮官に課された命題と言っていい。


 もちろん、彼ら以外のタレントも視野に入れていく必要があるだろう。ドイツ・ブンデスリーガ1部で活躍中の奥川雅也(ビーレフェルト)やシュツットガルト移籍で進化中の伊藤洋輝らもいるし、ポルトガルで復活の兆しを見せつつある中島翔哉(ポルティモネンセ)も要チェックだ。そういった面々を見逃さず、必要に応じてチームに加え、新たな戦力にできれば、日本代表はもっとアグレッシブな戦いができるはずだ。


「選手の評価はできるだけニュートラルに見ていこうと思っている」と森保監督も改めて断言した。その発言通り、来年はベテランと若手がバチバチとしのぎを削り、刺激し合いながら、力強く前進していく状況が望ましい。本気でW杯8強を狙える日本代表を見せてほしいものだ。


文●元川悦子(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事