【森保J、2022年の主戦メンバーは?】迷ったのは右SB。主力になれていない室屋や橋岡らに奮起してほしい

【森保J、2022年の主戦メンバーは?】迷ったのは右SB。主力になれていない室屋や橋岡らに奮起してほしい

2021.11.26 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ アジア最終予選は6試合を終えて、日本代表はグループBの2位につける。残るは、来年2022年の1・2月シリーズと3月シリーズの各2試合。果たしてこの4試合で、そしてその後の本大会を見据えて、日本代表はいかなる陣容で戦うべきか。有識者の見解を伺った。

(文=河治良幸)


――◆――◆――

  2022年の日本代表を語るにあたり、1つ整理しないといけないのが、最終予選の残り4試合と、そこを突破した場合の年末にあるカタール・ワールドカップで編成のイメージが変わってくるということだ。まず最終予選を突破しなければ話にならないなかで、現実的なメンバーから来年残り4試合の編成で布陣を考案した。


 10月のオーストラリア戦から4-3-3を採用し、3連勝を飾っているという意味では4-3-3をメインのシステムとして継続すべきとの声は多くあるだろう。ただ、ここまでの戦いを相手との噛み合わせも考えながら見て強く認識したのは、オーストラリア戦でハマったのは4-3-3という形ではなく、遠藤航、守田英正、田中碧という3ボランチの組み合わせだったことだ。


 オーストラリア戦のような広くつないでこようとする相手に対して、3トップが前からボールを追い、3ハーフというより3ボランチが幅広くカバーする形が機能したが、逆にボールを持てる試合展開で遠藤、守田、田中の3ボランチが後ろに重たくなってしまう場合、無理にバランスを崩してまで4-3-3にこだわる必要があるのかということだ。


 10月、11月のシリーズは久保建英が怪我で招集されていなかったり、堂安律も難しい状況だったが、来年の1月末にはそうした状況も変わっているだろう。ただ、1つ気をつけたいのがJリーグ組のコンディションであり、シーズンオフを無理やり返上して代表戦の準備をしていくと、次のシーズンはもちろんワールドカップまで彼らの身体が持たないのではないかという不安要素もある。


 4-2-3-1か4-3-3かという二者択一論があまり建設的でないことは前記の理由からだが、4-2-3-1の中で相手の立ち位置を見ながらの守備のはめ方として、俯瞰的に見たら4-3-3のようになっていたり、ビルドアップで3バック気味に回す時、4バック気味に回す時、あるいはボランチが落ちるのか、そのまま回るのか、サイドバックのどちらかが後ろに残るのか。そういったメカニズムは、森保一監督が言うところの臨機応変にできるようにしてもらいたい。



  そうした願いも込めつつ、最近リバプールで出番を増やしている南野拓実やフランクフルトのオリバー・グラスナー監督のもとで居場所を見出しつつある鎌田大地など、従来の主力がコンディションを上げていることも見越して、4-2-3-1をファーストセットとした。少し迷ったのは右サイドバックのチョイスだ。


 酒井宏樹がどのぐらいコンディションを上げてくるのか。その酒井に代わり11月シリーズの2試合で存在感を見せた山根視来はクラブと代表で活動しっぱなしなので、オマーン戦でベンチ外になった室屋成や招集外だった橋岡大樹など、主力になれていない欧州組の選手たちに、残りの最終予選で奮起してもらいたいところもある。


 左サイドバックは長友佑都がオマーン戦では躍動したが、相手の立ち位置を見ながら危険なスペースを消して、後ろから効果的なパスを配給するという部分で、中山雄太のほうが効果的なプレーを見せている。また中山であれば左にドリブラーの三笘薫や、前田大然、浅野拓磨らスピードのある選手を起用した場合も背後のサポート役として適任だ。


 攻撃面の面白さという意味では旗手怜央も。マルチロールでもある旗手は4-2-3-1なら左サイドハーフ、4-3-3ならインサイドハーフがフィットしそうだが、ヴァイッド・ハリルホジッチ時代の遠藤のように、森保監督が当面マルチで使っていくのか、メインのポジションを固めていくのかは今後の注目どころだろう。


 最終的にカタールW杯の23人に入るためにはマルチが有利だが、主力は結局スペシャリストが選ばれていく傾向もあり、ここでの起用法が今後のキャリアにも影響しうる。

  最終予選を突破した先ということで考えれば、この布陣に入れていない選手たちがどれだけ台頭してくるかが本大会での躍進を左右すると言っても過言ではない。もちろん、現在招集されているメンバーがベースになることは間違いないが、そこに頼るだけではどうしても先細りしてしまうし、競争も活性化されていかない。


 突破がかかればかかるほど、冒険が難しくなってくるという意味では、少なくとも最終予選の4試合で森保監督が大きな動きに出るとは想定できない。あったとしても前回オーストラリア戦で、4-3-3の採用に伴う田中の抜擢のようなピンポイントのものだろう。


 無事に突破を決められた場合、おそらく国内組で臨むE-1選手権や、残りの国際Aマッチデーでどういうマッチメークがされるのか。期間がそれほど長くないので、ダイナミックな転換は難しい。


 その中でも、いまだA代表に招集されていない東京五輪組や惜しくもメンバー入りできなかったタレントたち、さらに若い年代からもどんどん食い込んで、今回挙げた布陣の半分ぐらいは序列に変化が起きているような、良い意味でダイナミックな競争状態ができていくのが望ましい。


取材・文●河治良幸



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事