「イトウは我々のレジェンド!」ヘンクが伊東純也の戦いぶりに賛辞!「ノミネートだけでも素晴らしい」

「イトウは我々のレジェンド!」ヘンクが伊東純也の戦いぶりに賛辞!「ノミネートだけでも素晴らしい」

2022.1.14 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間1月12日、ベルギー紙『Het Laatste Nieuws』が同国リーグでプレーする選手を対象に、リーグのシーズンではなく、2020年から2021年という年月で区切り、めざましい活躍をした選手を表彰するアワードを発表した。


 ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也は、同アワードの「年間最優秀ゴール」にノミネート。昨年1月23日に行なわれたクラブ・ブルージュ戦で決めたバックヒール弾がピックアップされていた。


 同紙の発表によれば、伊東のゴールは投票された2万4600票のうち、21%をを獲得。1位はクラブ・ブルージュのFWノア・ラングで、2位は日本人FW鈴木武蔵の同僚であるベールスホットのヤン・ファン・デルベルフ(28%)という結果になったという。


 ちなみに、伊東の同僚であるナイジェリア代表FWポール・オヌアチュが年間最優秀選手に選出された。オヌアチュはスピーチで「チームメートたちに感謝したい」と述べ、同紙のインタビューには「(テオ・)ボンゴンダとイトウには感謝している。彼らと一緒にできてうれしい」とコメントしている。伊東は最優秀部門でもノミネートされ、こちらは5位という結果だった。


 どちらも受賞は逃したが、所属元のヘンクは、日本人アタッカーのノミネートに大興奮。伊東がノミネートされたゴールを引用し、「ノミネートだけでも素晴らしい。それに間違いなくクラブの象徴となるゴールだった。最終結果からは外れたかもしれない。だが、間違いなくイトウは我々のクラブのレジェンド!」と絶賛している。


 ベルギー・リーグに参戦する日本人選手が増えているのは、伊東の貢献度の高い働きぶりが認められていることの証でもあるだろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事