日本戦に向けた中国代表のスタメンが確定! エースのウー・レイが先発も帰化組アランは“切り札”起用に

日本戦に向けた中国代表のスタメンが確定! エースのウー・レイが先発も帰化組アランは“切り札”起用に

2022.1.27 ・ 日本代表

シェアする

 今夜19時キックオフの日本代表戦に向けて、中国代表のスターティングメンバーが発表された。


 今回から指揮を執るリ・シャオペン新監督の下、前回の日本戦(2021年9月7日/日本の1-0勝利)から先発4名が変更。ラ・リーガで出場機会に恵まれず、試合勘に不安を抱えるウー・レイのほか、日本で合流したばかりでぶっつけ本番のタイアス・ブラウニングらが名を連ねた。ブラジル帰化組ではアランがベンチスタート、アロイージオは累積警告のため、日本戦は出場停止となっている。


 リ・ティエ前政権下の前回対戦時は、守備的な5-3-2システムを選択した中国代表。新指揮官はクラブレベルで4―4-2を重用していたものの、直前合宿の紅白戦では3バックを採用していた。今回も3-5-2あるいは5-3-2に近い形になるのではないかと、複数の中国メディアが予想している。

 

 中国代表のスターティングメンバーは以下の通り。


GK

イエン・ジュンリン(上海海港)


DF

ワン・シェンチャオ(上海海港)

チャン・リンパン(広州FC)

チュン・チュン(山東泰山)

タイアス・ブラウニング(ジャン・グアンタイ/広州FC)

チュー・チェンチエ(上海申花)


MF

ハオ・ジュンミン(武漢FC)

ウー・シー(上海申花)

シュ・シン(山東泰山)


FW

ウー・レイ(エスパニョール=スペイン)

ジャン・ユイニン(北京国安)


監督

リ・シャオペン


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事