松木玖生がU-21日本代表で再確認した「求められるプレー」とは?

松木玖生がU-21日本代表で再確認した「求められるプレー」とは?

2022.5.12 ・ 日本代表

シェアする

[5月11日/U-21日本代表 0ー2 全日本大学選抜/練習試合]

 

 U-21日本代表が全日本学生選抜に0ー2で敗れた練習試合(35分ハーフ)で、悔しさを滲ませたのが松木玖生だった。

 

 今季のFC東京で高卒ルーキーながらスタメンに定着して注目を浴びる18歳の超逸材は、4―3―3システムを採用したU-21日本代表の左インサイドハーフで先発。チーム最年少ながらボールがよく集まり、判断の良さも随所で見せたが、決定的な仕事はできなかった。

 

 前半だけでベンチに下がった松木は試合後、こう悔しがった。

 

「短い時間の試合だったけど、勝ち切ることができなかったことに対して悔しさがあります。ゴール前に向かう回数は大学選抜のほうが多かった。もっと無理やりでもシュートを打ったりして相手の守備陣を広げたり、ゴール前の質は高めていきたいです」

  目指すのは、それこそ青森山田時代に見せたような決定的な仕事ができるMF。だからこそ、ゴールに絡めなかったこの日の出来には満足していない。

 

「自分に求められているのは、ゴールに向かうことや関わることで、そこはこの3日間の合宿で改めて学べました。(代表チームと所属クラブで)サッカースタイルは変わりますが、自分自身は得点を重視して今季はやっていこうと決めたので、攻撃のバリエーションのところで良いアクセントになれたらと思っています」

 

 6月に開催されるU-23アジアカップでの招集も有力視されるだけに、松木のさらなる成長に期待したい。

 

取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事