【独占告白】「陰で支えていましたみたいな美談が僕は嫌い」。原口元気の赤裸々な心境

【独占告白】「陰で支えていましたみたいな美談が僕は嫌い」。原口元気の赤裸々な心境

2022.5.19 ・ 日本代表

シェアする

 ウニオン・ベルリン在籍で現役日本代表の原口元気が、自身2度目となるワールドカップ出場に向けて並々ならぬ闘志を燃やしている。先のアジア最終予選で主役級の活躍こそできなかったが、だからといってモチベーションが低いわけではない。果たして、その理由は?


 公式YouTubeチャンネル『サッカーダイジェストTV』の動画に登場してくれた原口は、その独占インタビューで現在の心境を赤裸々に告白。ワールドカップ・アジア最終予選での自身の出来を「満足していない」と振り返りつつ、「ベンチに座りながらワールドカップに行きたいとは思っていない」と熱い想いを語っていた。


 誰がなんと言おうと、ポジションを奪い返す──。そうしたスタンスの原口の本音が見えたのは、「嫌なんですよね、縁の下の力持ちみたいな役割が。陰で支えていましたみたいな美談が僕は嫌いなので、出たいという気持ちが強い」というコメントだった。仮に本大会でサブメンバーになれば「もちろん支える」が、現時点で脇役になる気は毛頭ない。


 グループリーグ初戦で戦うドイツとの一戦は、ブンデスリーガで何年もやってきた原口にとっては特別なゲームになりそうだ。実際、「ドイツと対戦できて嬉しい。やっとドイツと対戦できる」と話しており、そこからもモチベーションの高さは窺えた。前回のワールドカップで躍動したからだろうか、「強い相手になればなるほど(自分は)活きるタイプだと思う」という自負があり、だからこそ「ポジションを奪い返す」と闘志を燃やす。


 

 原口には確固たる自信がある。2021-22シーズンは新天地のウニオン・ベルリンで主力の座を確保し、攻守両面で多大な働き。とりわけ攻撃面での貢献は素晴らしく、当人も「好調なチームで試合に出続けられて非常に充実感があった」と言い切った点からも手応えは感じ取れるだろう。


 この1年を振り返り、「どんどん良くなっているという実感がある」。さらに言えば「ここから全盛期が来るイメージ」だ。世界のサッカーシーンを見渡せば30歳を過ぎてピークを迎える選手はいる事実を踏まえると、今年5月で30歳になった原口がここから突き抜ける可能性は十分にあるだろう。


 確かに日本代表では常時スタメンを張れていないが、少なくとも原口自身は「今の自分が一番良いと感じている」。27歳で挑んだロシア・ワールドカップの時と比較しても、「どう考えても、今のほうが良いって言える自信がある」のだ。だから、次のワールドカップは「楽しみでしかない」。


 苦労してきた20代と違って、「やっとサッカーが楽しくなってきた」。ひとつの境地に行き着いた原口が、“真の実力”を発揮するのはむしろここからかもしれない。彼の言葉一つひとつには確かな説得力があった。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事