日本代表初招集、伊藤洋輝がシュトゥットガルトに完全移籍「更にレベルの高いプレーヤーへ」

日本代表初招集、伊藤洋輝がシュトゥットガルトに完全移籍「更にレベルの高いプレーヤーへ」

2022.5.20 ・ 日本代表

シェアする

ジュビロ磐田は20日、DF伊藤洋輝がシュトゥットガルトに完全移籍することを発表した。


磐田の下部組織で成長した伊藤は、2019年に名古屋グランパスへの期限付き移籍を経験して復帰すると、昨夏にはシュトゥットガルトへレンタル移籍。海外1年目ながらも今季ブンデスリーガで29試合に出場して残留に貢献した。


また、同日には6月の4連戦に臨む日本代表に初招集。森保一監督は伊藤について、「シーズン通して出場し続け、守備のところで屈強。相手を止めつつ、攻撃でも良さを出して起点となる選手として活躍してきました」と評価していた。


伊藤は磐田の公式サイトを通じて、「昨年、ジュビロ磐田での最後の試合でエコパスタジアムに掲げていただいた言葉を胸に一年間戦ってきました。チームとしては苦しいシーズンでしたが、なんとか残留することができました」と報告し、「これからも厳しい環境に身を置き、更にレベルの高いプレーヤーへと成長できるよう頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事