エムバペが不満を持ったマドリーの「2つの失態」。パリSG残留騒動の舞台裏に迫る――。メッシとネイマールには屈辱的な任務が…

エムバペが不満を持ったマドリーの「2つの失態」。パリSG残留騒動の舞台裏に迫る――。メッシとネイマールには屈辱的な任務が…

2022.5.24 ・ 日本代表

シェアする

 レアル・マドリー行き確実と言われていたキリアン・エムバペがパリ・サンジェルマンと契約を更新し、世界一高給取りのフットボーラーとなった。


 しかし重要なのはそのことではない。彼の前に、レアル・マドリー、パリSG、そしてカタールという国家さえもが跪いたことだ。


 マドリーにとっては、契約はほぼ完了したのも同然だった。エムバペのマネージャーを務める彼の母に請われ、契約書をすでに印刷もしており、あとはそこにサインするだけだった。


 エムバペは去年の8月くらいからずっとパリSGに不満を持っていた。そして、ずっとマドリーに移籍したいという願いを抱いていた。マドリー側もそのことを知っているから、12月にはより大きなオファーをし、3月末にはそれに肖像権収入の60%をエムバペに与えるとの条件を加える(他の選手は50%)。これはジネディーヌ・ジダンらガラクティコス(銀河系軍団)時代の選手たちにさえ提示しなかった特別待遇だ。


 一方、パリSGもエムバペがチームから出たがっており、マドリーに気持ちが移っているのは重々承知だった。しかし、引き留めを一度も諦めることはなかった。


 パリSGには金がある。レアルが5億ユーロ出すと言えば、5億3000万、10億ユーロ出せと言えば10億5000万を出すことがきる。実際、パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、マドリーが提示してきた額の20%アップで契約しようと以前からエムバペ側に伝えてあった。

  パリSGのバックはカタールである。今年の11月にワールドカップを控えた彼らは、大会と顔となるエムバペを何が何でも手放したくない。どうしたら彼の決心を翻意できるか、王族たちが集まって会議を開かれていた。


 実はこの決断にはフランス政府も関与している。エマニュエル・マクロン大統領がエムバペの家族と話をし、彼のパリ残留を促しているのだ。フランスとしてはW杯中、代表の顔となる選手が、スペインではなくフランスでプレーしていてもらいたいからだ。


 しかし、最終的にエムバペの気持ちを動かしたのは、金額ではない。パリSGは彼にマドリーには絶対できないことを約束した。それが“彼こそがチームのスターでチームの顔、チームの未来である”ということだ。


 はっきりとそう書かれているわけではないが、彼がパリSGと新たに交わした契約には「エムバペはチームのテクニカル・プロジェクトに意見をすることができる」という条項が盛り込まれているという。


 つまりエムバペはチームの経営方針に意見を言える。どの選手を放出し、誰を獲得するか、監督を誰にするか、試合のユニホームの色さえも変えられる力を持つ。23歳の選手一人に、そんな力を持たせることは、マドリーにはできない。


 これで、リオネル・メッシもネイマールも彼の下にあるということになる。それなのに、チームは彼らに「エムバペが残留するように説得してくれ」と言われていた。たしかにエムバペを敵に回すよりは、味方にしておいた方が得策だ。他に方法はない。しかし、これは二人のスターにとっては屈辱的なことだった。


! パリSGが着々と手を打つのとは反対に、マドリー側には“2つの失態”があった。


 1つ目はドルトムントのアーリング・ハーランドだ。彼らはハーランドを獲得するために、かなり大騒ぎをしてしまった。結局、マドリーは途中で争奪戦から撤退し、彼はマンチェスター・シティへの移籍が決まったが、どうしても「ハーランドがダメだったからエムバぺ」のような印象を与えてしまう。エムバペにはそれがかなり不満だった。


 2つ目は、今夏にマドリーが獲得を狙う選手の中にあまり大物がいないことだ。めぼしい選手はチェルシーのアントニオ・リュディガーぐらいだろうか。これはハーランドの件と相反するようにも思えるが、つまりエムバペは自分がチームの顔であり、その下に大物選手たちにいてほしいのである。

  もう一つ大きかったのが、彼がジダンと直接話をしたことだった。エムバペは彼にマドリーに戻ってきてほしいと思っていた。だがジダンはこう答えた。


「私はマドリーには戻らない」


 ジダンはマドリーを愛してはいるが、監督としてかかわる気には今のところなれなかった。そしてエムバペはカルロ・アンチェロッティ監督の下でプレーするのは気乗りがしなかった。


 マドリー行きが確実視されている陰で、移籍への気持ちが揺らいでいくエムバペ。実はその兆候はいくつかあった


 例えば4月12日のフランスTVのインタビューで、エムバペはこんな言葉を漏らしていた。


「僕はまだ自分の将来については何も決めてない。僕は冷静なんだ。間違った選択をしたくないので時間が欲しい。いろいろな新しい、本当にたくさんの新しいパラメーターがあるので、いろいろ考えたい。家族と一緒に正しい選択をしたい」


 彼は自分のことをサン・フロワ(冷静な血)であると述べた。


 パリSGはレオナルドの後任候補としてセルタのポルトガル人テクニカルアドバイザー、ルイス・カンポスとひそかにコンタクトを取った。彼はモナコでゼネラルマネージャーも務めた経験も持ち、エムバペとは旧知の仲だ。いや、スターダムにのし上げた張本人とさえいわれている。エムバペの喜ぶ人事である。 アル・ケライフィはバルサのフランス代表FWウスマンヌ・デンベレの代理人にもコンタクトを取っていた。エムバペのために彼の親友を獲得しようという作戦だ。デンベレはバルサでの契約更新を拒否しており、移籍は濃厚。プレミアからもいくつかのオファーを受けていたが、彼はエムバペが残留したが、自身もパリSGに行こうと思っていた。彼が返答を保留していたということは、エムバペもマドリー行きを悩んでいたという証拠だ。


 エムバペが決断を公表するより早く、そのことを知ったのはマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長だった。


「希望があるなら何でも言いなさい」と彼は自身の携帯の番号を彼に渡していたが、その電話で直接断りを入れられてしまった。


 エムバペの加入を期待し、その残留発表の2日前にも彼に電話をしていたマドリーのカリム・ベンゼマは、同胞の後輩が決断を翻したと知るやインスタに意味深な画像を連続投稿。1枚目は天を指さし、その上にマドリーのロゴが描かれているもの。「俺たちが一番だ」という意味だろう。


 また、その後には90年代のラッパー、トゥパク・シャクールの画像を投稿。トゥパクは友人に裏切られて殺されたと言われており、それがエムバペの裏切りを指すのではないかと物議を醸している。


 新シーズン、パリSGで23歳のストライカーは強力な権力を持つ。1秒につき4ユーロ(約500円)という高額の報酬を手にするだけではない。チームはすべて彼の意向で動く。「FCエムバペ」と言っても過言ではないだろう。


 サッカー界の顔もメッシとクリスチアーノ・ロナウドからついにエムバペへと変わるかもしれない。サッカー界で選手が真に力を持つとはどういうことなのかを、彼らも今回のエムバペのやり方から学んだかもしれない。それだけこの権力奪取は見事だった。


 ただし——それがうまくいかなかった場合、いったい何が彼を待ち受けているか。それは誰にもわからない。ただわかるのは彼の肩の上に乗っている責任とプレッシャーはとてつもなく大きいということだ。私であれば、彼の立場をうらやましいとは思えない。


文●リカルド・セティオン

翻訳●利根川晶子


【著者プロフィール】

リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事