パリ五輪に向けて着実に前進した大岩ジャパン。3位フィニッシュのU-23アジア杯で手にした3つの収穫【U-21代表】

パリ五輪に向けて着実に前進した大岩ジャパン。3位フィニッシュのU-23アジア杯で手にした3つの収穫【U-21代表】

2022.6.22 ・ 日本代表

シェアする

 2年後のパリ五輪に向け、実り多き活動となった。


 U-23アジアカップに挑んだU-21日本代表は、3位決定戦でU-23オーストラリア代表に3−0で勝利し、3位で大会を終えた。大岩剛監督が大会前から口にしていた「優勝」は果たせなかったが、2年後に行なわれる同大会(パリ五輪の最終予選を兼ねる)の組分けで第1ポッドに入る権利を得た価値は大きい。


 今大会を振り返ると、収穫は大きく分けて3つある。1つ目が、アジアの強豪国と真剣勝負の場で対戦できた点だ。


 グループステージ(GS)では、力があるU-23UAE代表に2−1で競り勝って白星スタート。後に大会を制することになるU-23サウジアラビア代表とはスコアレスドローで、U-23タジキスタン代表こそA代表に主力が参加していた関係でベストメンバーではなかったが、きっちりと3-0で勝利を収める。グループ2位で決勝トーナメント進出を決めると、準々決勝ではMFイ・ガンイン(マジョルカ)を擁するU-23韓国代表に3−0で快勝した。


 準決勝は開催国のU-21ウズベキスタン代表に0−2で敗れたが、3位決定戦では、海外組を招集しているU-23オーストラリア代表に3−0。中東勢、韓国、オーストラリア、ウズベキスタンといった2年後の最終予選でも立ちはだかるライバルたちと対戦し、異なるスタイルの相手と戦えたことは大きな財産だ。大岩監督も「アジアの中で“強い”と言われるチームと対戦できて、選手もそうですけど、私も含めたスタッフにとっても今後に向けて実のある大会だった」と振り返る。


 特に今回のアジアカップは真剣勝負の場。冒頭でも述べた通り、2年後の同大会に関わるコンペディションで、ほとんどの国がベストメンバーを揃えてきた。パリ五輪世代のU-21世代ではなく、レギュレーションに則してU-23世代で挑んできたチームが多く、力があるアジアの強豪国と緊張感を持って戦えた経験は他では味わえない。1つのミスが命取りになるようなシビアな場だからこそ、選手たちも学びがあるし、段違いのスピードで1試合ごとに成長を遂げていく。

  チーム最年少の18歳、DFチェイス・アンリは今大会を通じて大きく成長した選手のひとり。4月上旬に尚志高からシュツットガルト入りが発表されたCBは、直後に渡独してU-23チームでトレーニングを積んでいたが、3月下旬のドバイカップ以降は試合から遠ざかっていた。


 そうした状態を考慮して、指揮官はチェイスを積極的にスタメンに抜擢。UAEとの初戦では連係ミスから失点に絡み、決して褒められるようなパフォーマンスではなかったが、続くサウジアラビア戦では見違えるようなプレーを披露。韓国戦でも年上の相手に臆さずに挑み、得意の空中戦でバチバチとやり合った。


 ウズベキスタン戦では疲労の影響で足が思うように動かなかったが、そうした経験も中2日で戦う日程だから味わえたこと。「足が重くなってしまったのはある」と反省しつつも、「パスは怖がらずに出せた」と序盤戦では通せなかった縦パスやフィードで成長の跡を示した。


 メンバーで唯一の大学生であるMF佐藤恵允(明治大)も試合毎に成長。序盤戦は得意のドリブルを封じられる機会が多かったが、オーストラリアとの3位決定戦では身体の強さを生かした仕掛けでチャンスを作り、角度のない位置から強烈な一撃をねじ込んでチームの勝利に貢献した。真剣勝負の場が選手の成長に繋がったことを考えれば、今大会で積み重ねた経験値は価値あるものだ。

  2つ目は、チームとしての成熟度を高められた点だ。3月に発足した大岩ジャパンの活動は、今大会が4回目となる。うち2回は国内のショートキャンプで、じっくりとチームを作る機会は3月下旬に10日間ほどあったドバイカップだけだった。今後も長期間の活動ができる機会は限られており、スタッフと選手の関係性を深める場として、6試合をこなせた今回のU-23アジアカップは大切な時間だったと言える。


 ボールを動かすスタイルを志向するうえで欠かせないビルドアップの方法や、プレスの掛け方などを落とし込み、相手を見ながら戦う経験ができた。4−3−3をベースとしたが、相手の立ち位置によってポジショニングを変更。守備時はインサイドハーフのひとりを前線に押し出す4−4−2の形でプレスを掛け、攻撃では相手の布陣を見たうえで4−2−3−1に移行して攻撃を仕掛ける試合も多かった。特に前線からの守備は大会を通じて機能し、MF藤田譲瑠チマ(横浜)も手応えを得たと振り返る。


「(6試合で3失点に抑えられたのは)ディフェンスラインの選手が身体を張った守備をしてくれたことや、前線からの献身的な守備があると思う。ハードワークは意識的にみんなやれていただけではなく、自然にできていたのですごく良かった」


 中2日の試合が続いたが、勝負が懸かった試合で戦術を取捨選択できた経験は大きな意味を持つ。

  3つ目が、23人でひとつの大会を戦い抜いた経験だ。3月下旬のドバイカップは27人の選手に均等な出場時間を与えながら戦ったが、23人のメンバーである程度スタメンを固定して、ひとつの大会を終えたのは今回が初めて。「疲労が蓄積している選手をどうやって(良い状態に)持っていくのかは苦心した」と大岩監督が認めた通り、コンディションにバラつきがあった初戦は勝利を目ざしながら、選手の状態を上げるために先発メンバーを選んだ。シーズンが終わって間もない海外組のMF斉藤光毅(ロンメル)、DF内野貴史(デュッセルドルフ)、チェイスをスタートから起用するなど、大会終盤を見越してピッチに送り出したのはそのためだ。


 以降もコンディションの向上と勝利の両睨みで、ノックアウトステージ進出がほぼ決まっていた3戦目はメンバーを大幅に入れ替えて準々決勝に備えた。新型コロナウイルスの影響やGSの2戦目と3戦目に退場者を出した関係で、準々決勝以降のメンバー構成が想定より難しくなったのは否めない。選手の負担を軽減できず、疲労が溜まっていたウズベキスタン戦は運動量が下がった影響で、低調な内容で敗れてしまった。


 ただ、本職がSBの内野やFWを主戦場とする藤尾翔太(徳島)を右サイドハーフで起用し、新たな可能性を引き出せたのは、限られたメンバーで戦ったからこそ。コロナ禍という特殊な環境や海外組と国内組の状態を見極めながら戦えた点も含め、ひとつの大会を戦うためのチームマネジメントを経験できたのは次につながる。


 FW鈴木唯人(清水)の個人技に依存しがちだった攻撃面や、本来は最前線が主戦場ながら左サイドハーフに回って思うようなプレーができなかった斉藤をどこに配置するかなど、少なからず課題もあった。だが、今大会で得た経験値は財産だ。9月に中国で行なわれるはずだったアジア大会が来年に延期となったため、長丁場のコンペティションは当面予定されていない。だからこそ、3位に入って第1ポットを獲得できた以上に、アジアカップで6試合を戦えたことに価値がある。大岩ジャパンの旅路はまだ始まったばかりだが、パリ五輪に向けて大きな一歩を踏み出す場になったはずだ。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事