吉田麻也にセリエA残留の可能性…初昇格モンツァがオファーを提示

吉田麻也にセリエA残留の可能性…初昇格モンツァがオファーを提示

2022.6.23 ・ 日本代表

シェアする

日本代表DF吉田麻也にセリエA残留の可能性がありそうだ。イタリア『Il Secolo XIX』が報じた。



33歳の吉田は、2020年1月に7年半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアへと移籍。加入直後にジェノヴァ方言を披露し、すぐさまファンの心をつかむと、ピッチ内においても、元レスター指揮官クラウディオ・ラニエリの信頼を勝ち取り、国際経験豊かなベテランとしてチームに貢献してきた。



だが、今季はパフォーマンスの低下により、ポジションを奪われてシーズンを終了。サンプドリアとの契約は今季限りで、マルコ・ランナ会長が「ヨシダは契約を更新せず、我々は彼を失うことになるだろう」とコメントしたことで退団は決定的となっていた。



去就に注目が集まっていた吉田だが、2022-23シーズンからセリエAに昇格するモンツァが興味を示している模様。1シーズンの契約オファーを提示したと伝えられている。



なお、モンツァはACミラン会長を務めたベルルスコーニ元首相が保有するクラブ。昇格プレーオフの末にクラブ史上初のセリエA昇格を決めていた。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事