「残念、本当にがっかりした」元Jリーガーの韓国代表DFが日韓戦惨敗に見解「認める部分は認めなければ」

「残念、本当にがっかりした」元Jリーガーの韓国代表DFが日韓戦惨敗に見解「認める部分は認めなければ」

2022.8.4 ・ 日本代表

シェアする

 7月27日に開催されたE-1選手権の最終戦で、韓国代表は日本代表に0-3の惨敗を喫し、タイトル防衛を逃した。昨年3月の対戦でも同じスコアで敗れており、返り討ちにあった形だ。


 最大のライバルに完敗し、韓国サッカー界が揺れるなか、かつてFC東京、ガンバ大阪、大宮アルディージャでプレーし、今回のE-1選手権は胃腸炎のために不参加となったDFキム・ヨングォンが日韓戦について語った。


 韓国メディア『SPOTV NEWS』によれば、現在は蔚山現代でプレーする32歳は、8月2日に行なわれたKリーグのFCソウル戦後、日韓戦について質問を受けると、「残念、本当にがっかりした」と切り出し、こう続けた。


「僕たちも勝とうと思っている。だが、韓日戦で2試合連続で負ければ、認める部分は認めなければならない。韓日戦だけはどんな試合より重要だ。もう少し意識をして、入らなければならないようだ」


 キム・ヨングォンは「今回、E-1に出た選手たちと特別な話はしなかった。なぜなら、彼らは他の誰よりも大変だからだ」と述べている。


 出場した選手を気遣いつつも、歯痒さを感じた部分もあったようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事