【アメリカ戦のスタメン予想】鎌田をトップ下に配した4-2-3-1を採用か。CFの人選も焦点に

【アメリカ戦のスタメン予想】鎌田をトップ下に配した4-2-3-1を採用か。CFの人選も焦点に

2022.9.23 ・ 日本代表

シェアする

 11月のカタール・ワールドカップに向けてドイツ遠征を行なっている日本代表は、9月23日に強化試合2連戦の一試合目、アメリカとのゲームに臨む(現地時間:14時25分/日本時間:21時25分/27日にはエクアドルと対戦)。


 現在の主要システムは、最終予選の途中から採用している4-3-3だが、20日のトレーニングでは好調の鎌田大地をトップ下に組み込んだ、以前のメインフォメーション、4-2-3-1をテスト。


 森保一監督は前日会見で「これから親善試合、ワールドカップに臨むにあたって4-1-4-1(4-3-3)、4-2-3-1、そして6月のガーナ戦の終盤には3バックを試した部分はオプションとして持っておきたいです。明日の試合については練習で最終的に詰めて決めていきたいですが、4-2-3-1か4-3-3(4-1-4-1)で臨みたいと思います」と説明。


 ここでは練習でも試していた4-2-3-1でアメリカ戦のスタメンを予想してみた。


  21日のトレーニング、22日のスタジアムでの前日練習はともに冒頭15分のみの公開となっただけに、詳細は分からないが、20日のハーフコートでの9対9などを見る限りでは、GKはシュミット・ダニエルを試すか。森保ジャパンの守護神は権田修一がこれまで務めてきたが、本大会に向けてシュミットをここで起用しておく手は十分にあるだろう。


 最終ラインは、酒井宏樹、冨安健洋が怪我の影響で最近の活動に参加できていなかっただけに、吉田麻也、長友佑都を含め、まずは森保ジャパンでレギュラーを担ってきたメンバーの連係を改めて確認するか。


 酒井も今回の活動に対して「アップデートも含めて復習というところが多いと思います。(吉田)麻也くんとの関係性、トミ(冨安健洋)との関係性もそうです。前後する人たちとの関係性、クロスが上がるタイミングで、お互いが何も考えずに良いポジショニングを取れていれば、それだけで後手を踏みません。声は出すけど味方がどこにいるのかと確認しなくても済むような関係性というのを作れれば。本当に細かいところの積み重ねだと思います」と語っている。

  中盤は4-3-3の可能性もあるだけに読みにくいが、4-2-3-1で考えるならボランチは中軸の遠藤航、調子の良さを感じさせる守田英正のコンビが予想される。特に守田はトレーニングで持ち前の展開力や柔軟なボールの受け方を見せており、遠藤とともに中盤をコントロールする存在として期待される。


 森保監督はトップ下を置くメリットに関しては「守備から攻撃に移る、ボールを握った時に起点になるところを増やすという意味では、良い守備から良い攻撃に移る時のバリエーションを増やせるかなと思います。明日の試合ではそういうところを見ていきたいです」と語っており、もし鎌田を起用するとなると、彼のキープ力や正確なパスで攻撃を加速させる役割が求められるのだろう。


 両サイドは4-3-3であればウイングも担う伊東純也と南野拓実か。ただ右サイドには堂安律、左サイドには三笘薫、相馬勇紀が控えており彼らにも十分、先発のチャンスはあるのだろう。指揮官がどう選択するのかも楽しみだ。

  そして焦点になるのがCFだ。今シリーズでは怪我の影響で大迫勇也と浅野拓磨が不在。最もレギュラーに近そうなのは森保ジャパンでの経験値を考慮すれば古橋亨梧だが、ワールドカップ本大会でのドイツ戦やスペイン戦を想定して、よりスピードに長けた前田大然を起用してチームとしてハイプレスを意識する策も考えられる。


 さらに今夏に移籍したベルギーで逞しく成長する上田綺世、湘南の町野修斗もいる。交代カードを含めて指揮官のマネジメント術もポイントになるだろう。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事