「1つ抜けとる」鎌田大地の“ひねりの深さが違う”居残りシュート練習に反響!「やっぱ柔軟性がすごい」

「1つ抜けとる」鎌田大地の“ひねりの深さが違う”居残りシュート練習に反響!「やっぱ柔軟性がすごい」

2022.9.23 ・ 日本代表

シェアする

 鎌田大地のシュート技術の高さに反響が集まっている。


 日本代表は9月19日から、ドイツのデュッセルドルフでトレーニングキャンプを実施。日本サッカー協会(JFA)が公式YouTubeチャンネルにて、合宿2日目の選手たちに密着した「Team Cam vol.02」をアップロードした。


 チームミーティングの裏側や、選手へのインタビューなども公開された動画で、なかでも注目を浴びているのは、鎌田の居残りシュート練習のシーンだ。コーチングスタッフからのパスを、正確なトラップで止めて右足を振り抜くと、鋭いシュートが完璧なコースでゴール左隅に飛び、ネットに突き刺さった。


 鎌田はシュート直後、順番を待つチームメイトに「分かる?分かるっしょ?」と同意を求める場面も。この動画のコメント欄には、ファンから様々な声が上がっている。

 「鎌田だけインパクトの瞬間の体の傾きの角度と身体のひねりの深さが違う」

「やっぱ柔軟性がすごい」

「鎌田すげえ」

「上手いな。もっと上のレベルで見たい」

「性格好きだな~笑 生意気なところおもろすぎるwwwww」

「上手い。隙がない」

「鎌田と原口シュート上手っ」

「1つ抜けとる。W杯のキーマン」


 日本は国際親善試合で、23日にアメリカ、27日にエクアドルと対戦。鎌田は9月の2試合でA代表での6ゴール目を決められるか、注目だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事