【日本2-0アメリカ|採点&寸評】鎌田、三笘ら役者がそれぞれ存在感。中でも中盤で輝きを放ったのは…

【日本2-0アメリカ|採点&寸評】鎌田、三笘ら役者がそれぞれ存在感。中でも中盤で輝きを放ったのは…

2022.9.23 ・ 日本代表

シェアする

[キリンチャレンジカップ]日本 2-0 アメリカ/9月23日/デュッセルドルフ・アレーナ


【日本代表・総評】

6.5

 4-2-3-1でスタート。前半は前からの守備もしっかりハマり主導権を握ると、守田らを中心に攻撃の形も作り、トップ下で先発した鎌田がゴールを奪うアピールぶり。メンバーを変えた後半はややペースが落ちた時間もあったが、チームの統一意識や各々のアピール、終盤には3-4-2-1をテストするなど、収穫の多い一戦になったはず。


【個人採点・寸評】

GK

12 権田修一 6(HT OUT)

前半途中にCKを果敢にキャッチした際に危ない落ち方をしてうずくまる。それでもその後もゴールマウスを守り前半を無失点で終えた。キック精度も安定していた。ただ、やはり前述のシーンで痛めたのか前半のみで交代に。

 DF

16 冨安健洋 6.5

左足での縦パスが秀逸。あのタイミング、スピードで入れてくれれば前線の選手は非常に助かるはず。守備でも力強く撥ね返した。後半は右SBでプレー。


19 酒井宏樹 6(HT OUT)

右CBの吉田からのフォードを受けて球足の速いアーリークロスを入れるなど攻撃にも参加。ハイボールの競り合いでも相手を勝った。お役御免で前半のみの出場。


20 中山雄太 5.5

前半はクロスを上げるシーンもあったが味方に合わず、フィードでももたついた。積極的な姿勢は買いたいが、やや焦りがあったか。後半は復調した。


22 吉田麻也 6

前半は冨安と、後半は伊藤とCBを組んで最終ラインを統率。ボールを奪ったあとのパスがつながらない場面はあったが、パフォーマンスは力強かった。

 MF

6 遠藤 航 6.5

守田とのコンビで中盤をコントロール。攻撃面でよりプラスアルファをもたらしたかったかもしれないが、守備の読み、インテンシティの高さは相変わらずだった。


11 久保建英 6(68分OUT)

左サイドハーフとして先発。果敢に仕掛けたが、より光ったのは守備面での貢献度。よく走りプレッシャーをかけた。


MAN OF THE MATCH

13 守田英正 7

ダイレクトと時間を作る選択が素晴らしく、それを可能にする視野の広さを生かして中盤で抜群の輝き。遠藤とのダブルボランチコンビは今後の鉄板コンビになりそうだ。鎌田のゴールもアシストした。

 14 伊東純也 6(68分OUT)

右サイドのスピードスターはこれまで通り攻撃に推進力をもたらす。決定機的な働きはできなかったが、やはり存在感はあった。

 

15 鎌田大地 6.5(86分OUT)

2度のチャンスは決め切れずも、24分に3度目の正直でゴール!! トップ下の先発を勝ち取った男は結果でアピールした。


FW

25 前田大然 6(HT OUT)

45分で交代したのはプランとして決まっていたのか。序盤から全力でボールを追いかけ回し、ハイプレスを機能させる。FWとしての怖さも欲しかったが、タスクは忠実に遂行した。

 交代出場

GK

23 シュミット・ダニエル 6(HT IN)

権田に代わって出場。得意のフィードを見せる場面もあり、ゴールも落ち着いて守った。


FW

29 町野修斗 5(HT IN)

後半開始から登場。ワールドカップメンバー生き残りへアピールしたかったが、E-1選手権とは異なるA代表のピッチで浮足立った部分があったか。次戦に期待だ!!


DF

28 伊藤洋輝 6(HT IN)

町野とともに後半頭からピッチへ。CBに入り、フィードを引っかけてしまうシーンもあったが、無失点勝利に寄与した。


MF

18 三笘 薫 6.5(68分IN)

チャンスはあったが、フィニッシュワークまでのプレーがこの日はやや雑になっていた。しかし……86分に得意の左サイドのドリブルから華麗なシュートを決めしまうのだから、やはり底が知れない。いや、彼にとってはこれが当たり前なのか。

 MF

21 堂安 律 6(68分IN)

好機はモノにできなかったものの、調子の良さを感じさせるプレーを披露。スタメン奪取へ今後は結果を残せるか。


MF

8 原口元気 ―(86分IN)

試合終盤に3バック変更に伴い、右ウイングバックとして投入される。しっかりスペースを埋めた。


監督

森保 一 6.5

練習で示していた通り4-2-3-1を選択し、チームを機能させた。さらに早めの交代策を用いてアピール合戦も活性化。そして試合終盤には3-4-2-1での逃げ切り策も披露するなど、この日はすべてが上手くハマった印象だ。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事