「日本代表でのゴールは格別」。アメリカ戦で先制点を決めた鎌田大地が得点を語る「チャンスがすごく多かった」

「日本代表でのゴールは格別」。アメリカ戦で先制点を決めた鎌田大地が得点を語る「チャンスがすごく多かった」

2022.9.23 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナでアメリカ代表と対戦し、2-0で勝利した。


 日本は25分、高い位置でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、守田英正のアシストから鎌田大地がネットを揺らす。88分には途中出場の三笘薫がドリブルから見事なシュートを決め、2-0で勝利した。


 試合後、先制点を決めた鎌田はゴールを次のように喜んだ。


「僕には得点チャンスがすごく多かったので、1点を決められて良かったです」

  フランクフルトに所属する鎌田は、クラブでもプレーしているドイツの地で、この日は日本代表としてゴールを奪取。「場所はどこでも日本代表でのゴールは格別」と喜んだ。


 一方で鎌田は、満足していない様子でもあり、こう言葉を続けている。


「ただ、もう少し早めに2点目を決められていれば、チームはもっと楽になったと思います。1点は取れて良かったですけど、もう少しシュートを決めれるようにならないと」


 9月27日にはエクアドル代表と対戦する。次戦では2ゴール目を奪えるか。鎌田のパフォーマンスに注目だ。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事