芸術的なシュートを決めた三笘薫。得点の要因は「ドリブルは練習からフィーリングが良かった」

芸術的なシュートを決めた三笘薫。得点の要因は「ドリブルは練習からフィーリングが良かった」

2022.9.24 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナでアメリカ代表と対戦。2-0で勝利した。


 日本は25分、ショートカウンターから鎌田大地が先制点をマークし、88分には途中出場の三笘薫が追加点を奪取。終始、試合を優勢に進め、2-0で勝利した。


 試合後、ドリブルから芸術的なシュートを決めた三笘が、ゴールを決められた要因を明かした。


「ここで結果を出したい気持ちは強かったです。ドリブルも練習からフィーリングが良かったので、今日も良いコンディションで臨めました」


 途中出場から素晴らしい追加点を決めた三笘は、切り札として次のことを意識したという。


「まずは失点しないこと。隙があればカウンターで得点を取りにいくことも意識しました」

  ゴールでアピールした三笘だが、カタール・ワールドカップのメンバー入りに向けては、こう意気込んだ。


「まずは、チームの駒として役割を担っていかないといけないです。結果を出さないと生き残っていけないと思うので、次の試合もしっかりと結果を出せるようにしたいと思います」


 次戦は9月27日にエクアドル代表と対戦する。本大会メンバー入りへ、生き残りをかけた三笘の活躍から目が離せない。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事