絶好調の鎌田大地、移籍市場では争奪戦に?「海外のビッグクラブが注目」とフランクフルト地元メディア

絶好調の鎌田大地、移籍市場では争奪戦に?「海外のビッグクラブが注目」とフランクフルト地元メディア

2022.9.26 ・ 日本代表

シェアする

フランクフルトや日本代表で活躍するMF鎌田大地の去就について、『hessenschau』が分析している。


昨季フランクフルトのヨーロッパリーグ優勝に貢献し、今季も開幕から公式戦10試合で6ゴール3アシストと大活躍を続ける鎌田。日本代表として臨んだアメリカ代表との試合でも先発すると、24分に決勝点をマーク。クラブでも代表チームでも、欠かせない存在になりつつある。


そんな鎌田だが、フランクフルトとの現行契約は残り1年を切っている。『hessenschau』は「将来はすべてがオープン」とし、その去就について分析した。


「フランクフルトは、鎌田のパフォーマンスを泣き笑いの目で見ることになる。笑っているのは、見事なプレーがプロフェッショナルとしての自信を高め、チーム全体の成功につながるからだ。泣いているのは、2023年に満了する契約の複雑な交渉がこれ以上楽になることはないからである」


また、強化担当のマルクス・クレシェ氏の「解決策を見つけるために話し合っているが、給与体系を崩すような乱暴なことはしないよ」とのコメントを紹介。その上で、「フランクフルトはどれほど給与を支払えるか慎重に判断しなければならない」とも指摘。そして「“ヨーロッパの鎌田”から“ブンデスリーガの鎌田”にもなった」と、リーグ戦でも一貫性あるパフォーマンスを継続していることを絶賛した。


「ブンデスリーガではファイナルサードで必要な決定力を欠くこともあったが、今はかつてないほどの一貫性を見せている。この素晴らしいメンタリティは、すでにプレシーズンの段階から確認できており、トレーニングキャンプで素晴らしい印象を与えていたのだ」


『hessenschau』は最後に、「今の調子ならもっとゴールに貢献できる。いずれにせよ、ドイツ国内だけでなく、海外のビッグクラブが注目することになる。鎌田を巡る競争は、かつてないほどにオープンなのだ」と争奪戦が展開されることを予想した。


直近ではエヴァートン移籍の可能性も伝えられるなど、リーズやトッテナムらプレミアリーグを中心に関心が伝えられる鎌田。今後の状況にも注目が集まっている。


記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画