【日本代表】森保監督がエクアドル戦の先発メンバーに言及「アメリカ戦とは全員入れ替えたい」「同じシステムで戦いたい」

【日本代表】森保監督がエクアドル戦の先発メンバーに言及「アメリカ戦とは全員入れ替えたい」「同じシステムで戦いたい」

2022.9.26 ・ 日本代表

シェアする

 ドイツ・デュッセルドルフで合宿を行なっている日本代表は、9月27日、強化試合の2試合目としてエクアドルと対戦する。


 同23日のアメリカ戦には2-0と快勝した森保ジャパン。エクアドル戦の前日会見に出席した森保一監督は改めて「明日のエクアドル戦も非常に重要な一戦になると思っています。目の前の試合の勝利を目指しつつ、ワールドカップに向けて戦い方をより整理して良い準備をして臨みたいです」と意気込み語った。


 今回の遠征には30人を招集したが、GK権田修一が怪我、冨安健洋がクラブ事情でチームを離脱。残りのメンバーを含めてエクアドル戦に向けて選手起用についても言及した。

 「まずワールドカップに向けて、選考の場でありますが、チーム作りで、ロシアのワールドカップからチームを立ち上げたなかで、より多くの選手を見ながら、チーム作りをしてきました。


 その意味で特別な選考の場だとは思っていません。まずはプレー機会を得られる選手たちには100パーセント出すこと、そしてチームが100パーセントの力を出せるようにプレーしてもらいたいと思います。


 できれば招集した選手全員を起用したい想いを持っていますが、残念ながら全員を使ってあげることはできないと思っています。日々、ベストを尽くして、オフザピッチでもチームのことやサッカーのことを考え、行動してくれているので、選ぶ側として心苦しい部分はありますが、選手の普段の頑張りを評価しながら、明日は、アメリカ戦とは先発全員入れ替えて臨みたいと思います」


 またシステムに関してもアメリカ戦ではこれまでの4-3-3ではなく、4-2-3-1を採用したが、「明日の試合に関しても同じシステムで戦いたいです」と語った。


 指揮官の言葉から考えるなら、エクアドル戦はアメリカ戦で出場機会のなかった南野拓実、田中碧らがメンバーに名を連ねそうだ。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画