新生フットサル日本代表、因縁のベトナムに7−0快勝で上々のリスタート

新生フットサル日本代表、因縁のベトナムに7−0快勝で上々のリスタート

2016.4.23 ・ 日本代表

シェアする

22日、木暮監督が率いる新生フットサル日本代表が愛知・ウィングアリーナ刈谷で行われた親善試合ベトナム戦に挑み、7−0と完勝。4年後のリベンジに向けて確かな第一歩を刻んだ。


ベトナムは、2月にウズベキスタンで開催されたAFCフットサル選手権の準々決勝で敗戦を喫してしまった因縁の相手。「RE:START」がテーマである日本にとっては否が応でもモチベーションの上がる試合となったが、開始直後から日本の積極的な姿勢が実を結ぶ。前半1分にスムーズなパス交換でボールを回し、最後は右サイドから中村友亮が折り返したボールを芝野創太が押し込み先制、2分にコーナーキックを仁部屋和弘がダイレクトで強烈なシュート、跳ね返りを自ら叩き込む。4分には相手ボールを奪ってつなぎ、最後は清水和也と続けざまにゴールを決めて、試合開始早々からベトナムを圧倒。さらには14分に佐藤亮、15分に安藤良平、16分にはキャプテン仁部屋がこの日2点目のゴールを決め、前半のうちに6−0と得点差を広げた。


後半に入ってもペースは日本。点差がついたことで得点こそ減ったが、ゲームのイニシアチブは握り続けた。後半4分に小曽戸允哉が押し込み大量7得点、無失点でゲームを終えた。日本のホームゲームであり、ベトナムは9月のW杯を見据えてチーム強化をしている状況を考慮すれば、この圧勝劇を鵜呑みにすべきではないが、新体制での第一戦であり、最終予選で直接苦渋を舐めさせられた相手にしっかり借りを返したことは評価すべきだろう。


試合後、木暮監督は「まずアジアの中で『強い日本』というものを取り戻そうというところと、誇りを持って戦うというメンタル面、日本代表として戦うという意義を体現できたと思いますし、今回招集した選手たちのスピードという特徴は出せたのかな、と思います。」とホッとした表情を交えてコメントした。また、バサジィ大分に所属するキャプテンの仁部屋は熊本地震に触れ「少しでもプラスのエネルギーを送りたかった」と話した。次戦は24日、同じく今年のフットサルW杯出場国であるウズベキスタンとの対戦となる。


---------------


国際親善試合 フットサル日本代表 vs フットサルウズベキスタン代表

4月24日 24:45~26:40(録画中継 「Get Sports」 内)

テレビ朝日系列(テレビ朝日・北海道テレビ・東日本放送・広島ホームテレビ)にて放送予定


---------------


MS&ADカップ2016 U-23日本代表 vs  ガーナ代表

5月11日 19:15キックオフ(予定)

フジテレビ系列にて全国生中継


---------------


キリンカップサッカー2016

・日本代表 vs ブルガリア代表 

6月3日 19:40キックオフ(予定) テレビ朝日系列にて全国生中継


・日本代表 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 またはデンマーク代表

6/7 19:30キックオフ(予定) テレビ朝日系列にて全国生中継

シェアする

最新記事